林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

AirMailを始めた時にしておきたい設定まとめ。

   

AirMailを始めた時にしておきたい設定まとめ。-shared-img-thumb-PAK85_kirikotosupana20141028182225_TP_V

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

前回の記事で複数アカウント対応のメールアプリAirMailの使い方についてざっくりと紹介しました。

ただこのアプリ、カスタマイズ性が非常に高いため、前回の記事では設定について細かい説明をすることができませんでした。

今回は使いはじめる際にしておきたい設定などについて紹介しようと思います。

Airmail - Your Mail With You

600円
(2016.02.20時点)
posted with ポチレバ

アカウント接続方法

まずはアカウントの接続方法です。

インストールして初回は簡単なチュートリアルのあと、アカウントの接続画面に移行します。

最初のアカウントを接続したあとはアプリ内の「設定」から「アカウント追加」を選べば同じ画面になります。

Google、iCloud、Exchange、Yahoo!USA、Outlookなどのメールはこの画面から選んでメールアドレスやパスワードなどの入力項目を入力すればOKです。

ただし、日本の携帯会社のメールアドレスやYahoo!JAPANのメールアドレスはここから登録できません。

私がアカウント追加をした@i.softbank.jpのメールアドレスとYahoo!JAPANのメールアドレスについて紹介します。

@i.softbank.jpの登録方法

IMAP generic→Softbankを選択

名前には送信時に使用する名前、宛先にメールアドレス、パスワードを入力。

パスワードはメール用のものですが、忘れた場合は再発行できないので変更が必要になります。

すると必要な物がだいたい入力された状態で出てくるのですが、ここで、「利用者」の欄だけ@i.softbank.jpを消してください。これは受信メールも送信メールも両方です。

で、右上の「完了」を押して終了。

基本的には下の過去記事で行なったことと同じです。

朗報!Outlook for iOSでi.softbank.jpのメールも送受信可能になった!

@yahoo.co.jpの登録方法

アカウント追加の画面で出る「YAHOO!」で登録できるのはメールアドレスの最後が@yahoo.comのYahoo!USAのアドレスです。Flickrとか使っている人は持ってると思います。

Yahoo!JAPANの@yahoo.co.jpで終わるアドレスは下の方法で登録ができます。

POP3 generic→名前に送信時に使用する名前、宛先にメールアドレス、パスワードを入力(1Password利用可能)

すると下のような画面になるので

AirMail2 (1)

受信メール

Pop:pop.mail.yahoo.co.jp

ポート番号:995

利用者:@yahoo.co.jpの前の部分

パスワード:自動入力済み

SSL:SSLに変更

認証:NONEのまま

AirMail2 (2)

送信メール

SMTP:smtp.mail.yahoo.co.jp

ポート番号:465

利用者:@yahoo.co.jpの前の部分

パスワード:自動入力済み

SSL:SSLに変更

認証:PLAINのまま

で完了します。POP3でYahoo!JAPANのメールアドレスを使用するときはYahoo!デリバーに登録しないとダメらしいのですが、いつしたのか覚えもないまま私はできてしまってます。

詳しくはYahoo!JAPANのヘルプを御覧ください。

アカウントごとに通知を設定する。

アカウント登録が完了したら、アプリ内の「設定」(受信ボックス左上の三本線をタップして現れた画面の下にあります)からそれぞれのアカウントをタップするとアカウントの設定ができます。

ここでできることはたくさんあるのですが、特に「通知」のところで全てのメールで通知、VIP連絡先のみ通知、通知なしを選択できます。さらに通知音の選択もここで行います。

またアカウントごとにアイコンや色を設定することもできるのですが、「上級」の項目の「ラベル」ではメールにつけるラベルごとに色を選択することができます。ラベルではサブラベルの作成や移動なども可能です。

さらに総合受信トレイに加えるかどうかやGmailの場合は連絡先のインポート、他のメールでは送信済みを保存するかどうかなども選択できます。

各アカウントの削除もここで行います。

スワイプ操作時のアクションやスヌーズの時間を設定する。

「スワイプ」ではスワイプ時のアクションを設定できます。

アクションは左右に複数個設定することができ、操作一覧の中から選択できます。

「スヌーズ」では細かくスヌーズの時間を設定することが可能です。

AirMail (10)

実際にメールのアクションで「スヌーズ」を選択すると下のような画面になります。

AirMail2 (3)

操作リストの編集

「一般」の「操作」ではメールを開いた画面で右上「・・・」マークを押すと出てくる操作リストを編集することができます。スワイプさせた時に割り当てる「操作リスト」には全てのアクションが表示され、ここを編集することはできません。

AirMailはwebサービスやアプリとの連携が多様で受け取ったメールに対して様々な操作を行うことができます。

一般的なメールアプリに見られるアーカイブやゴミ箱、スター、ラベルでの整理などはもちろん、一定時間後に再び通知するスヌーズ機能やメールをToDo、メモ、完了などにわけて整理することもできます。

また操作リストにはカレンダー、リマインダーを初めその他多くのサービスやアプリにメールの内容を送ったり、PDFの作成やメッセージリンクのコピー、AirPrintでの印刷、メールのソース表示、メールをそのまま別のアカウントに移動させることなどもできます。

操作リストに載っていないアクションであっても一番下の「その他」を押すと出てくるのでよく使うものを上から順に並べておくと使いやすいと思います。

受信ボックスの表示や挙動を変える。

「表示」の項目では受信ボックスでのメールの表示方法を変更できます。

送信者のアイコン表示の有無、件名を強調したり、未読をハイライトでは既読メールが薄い灰色になります。

さらに統合受信ボックスでどのアカウントのメールか表示したいのであれば、アカウントのアイコンや色を表示するをオンにしておくとわかりやすくなります。各アカウントの色やアイコンは設定の一番上、「アカウント」のところから各アカウントをタップすると変更することができます。

また「ワークフロー」の項目では並び順やバッジに表示する項目の変更などができます。

「会話」は「新しい順」にすると統合受信ボックスでアカウントを問わず受信の順にメールが並びます。「オフ」にすると同じ日付ではアカウントごとにメールが並びます。

また「Inboxに戻るアクション」をオフにするとメールを開いた画面でアーカイブにした場合、受信ボックスには戻らず次のメールが開きます。

「フィルターを表示」では受信ボックスの下部に現れるフィルターの表示・非表示を選択できます。フィルターについては前回の記事を参考にしてみてください。

ブラウザや添付ファイルのサイズも設定可能。

「上級」ではブラウザの選択も可能です。

使えるブラウザはSafari、Chrome、Firefox、iCab、Mercury、アプリ内ブラウザがあります。Safari以外のブラウザをメインで使用している人にとっては嬉しい機能ではないかと思います。

また添付ファイルのダウンロードについてもダウンロードしない、100KB、500KB、1MB、5MBの範囲でダウンロードするサイズを選択できます。

まとめ

設定できる項目が多いのでまだ私自身わかってない部分もあります。

とりあえず前回と今回の記事に書いたことでおおまかな設定はできるのかと思います。

各アカウントについてフォルダの割り当てをしたり署名の変更、複数デバイス間での同期内容の選択などもできますが、そのへんはそれぞれの必要に応じてってところではないでしょうか。

設定項目自体は日本語対応してますし、わかりにくいわけではないのですが、とにかく項目が多いので面倒になるかも。でも「こんなことできないかなあ」と思うようなことは大抵できます(笑)

そういうところはすごいアプリだなあと思います。

今使っているメールアプリでしたい設定があるのにできなくて不満、という人はAirMailならできるかもしれませんよ。

Airmail - Your Mail With You

600円
(2016.02.20時点)
posted with ポチレバ

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事