林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

何に何時間使ってる?自分の行動を知ることが計画的な行動への第一歩!BusyBox

   

何に何時間使ってる?自分の行動を知ることが計画的な行動への第一歩!BusyBoxclock-650753_640

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

4月になって新生活が始まった人も多いのではないでしょうか。

新生活が始まった人もそうでない人も、心機一転、新しい目標などを立てる時期かと思います。

でも、新年や4月に立てた目標ってなかなか達成できないもの。

その原因の一つに意外と自分自身の把握ができていないことが挙げられます。

自分が何に何時間使っているのか?毎日どうしてこんなに時間がないのか?即答できる人は少ないのではないでしょうか。

まずは自分自身を知ることが目標達成への近道!!今日はそのためのアプリを紹介します。

スポンサーリンク

ワンタップで記録

まずはトラッキングしたい行動を入力します。

画面は記録画面である「今日」、ログを確認できる「ログ」、トラッキングしたい行動を入力・編集する「アクティビティ」に分かれているので、下のタブから「アクティビティ」を選びます。

busybox (2)

右上の+マークをタップするとアクティビティの新規追加ができ、左上の「編集」からは内容の編集や並び替え・削除ができます。

新規追加をしてみます。

busybox (1)

「名前」にはアクティビティの名称を入力します。

トラッキングの方法をここで選ぶことができ、経過時間を累積時間にするのか、一日あたりの平均にするのか選ぶことができます。

一日あたりの平均を選択すると、そのアクティビティを行わなかった日を平均に入れるのかどうかということも選択することができます。

経過時間なども選択できるので、それらを決めたら右上の「完了」を押してください。

これでアクティビティの登録は完了です。

アクティビティが決まったらその行動をしている時間をトラッキングします。

行動を始める時に「今日」のタブを開きます。

busybox (3)

下の「詳細」から始める行動を選んでタップするとタイマーが動き始めて記録が開始されます。

行動が終わったらタイマーをタップすると止まります。

たったこれだけで行動のトラッキングができます。

もちろん、押し忘れてしまった時はタイマーの左側にある鉛筆マークで修正することも可能です。

また、この鉛筆マークを押すと行動にメモを付けることもできます。

ログはDropboxに保存できる。

「ログ」のタブではトラッキングした行動のログを見ることができます。

busybox (4)

ログは日付ごとに管理され、検索も可能です。

左上のカレンダーマークでログの期間を選ぶことができ、右上のマークからはメールで送信したり、Open Inで開くことが可能です。

Open Inから他のクラウドサービスにログを送ることも可能ですが、「今日」の画面の右上にあるぐるぐる矢印を押すとDropbox同期ができるので、簡単にDrioboxに記録を残すことができます。

記録方法は簡単なのが一番。

とにかく簡単でわかりやすいことが長所のアプリです。

ログをグラフ化して欲しいとか、もっと細かい設定ができたら良いなど思う人もいるかと思いますが、個人的にはこの手のトラッキングするようなアプリは簡単でないと続かないと思います。

日常生活の全てを記録するのはストレスになるし大変なので、ある程度トラッキングする行動を決めて記録してみると良いと思います。

意外と思ったより時間を使っていたり、思ったより時間をかけれていないことがわかってくるので、目標を立てたり、立てた目標をどうすれば達成できるのかがわかってくると思いますよ。

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事