林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

メールをカレンダーやリマインダー、Evernoteに送りたい。そんなアクションベースで考えるならDispatchは最高のメールツール。

      2015/03/24

メールをカレンダーやリマインダー、Evernoteに送りたい。そんなアクションベースで考えるならDispatchは最高のメールツール。こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

メールをカレンダーや、リマインダーなどのタスク管理ツール、Evernoteなどのオンラインストレージに送りたいと思ったことはありませんか。

私もずっとiftttを使ったり、Evernoteに転送したりといろいろな工夫をしてきたのですが、このアプリを手に入れてからはそんな必要が全くなくなりました。

ちょっと高いメーラーアプリと思われるかもしれません。

それがちょっと違うんです。なんせメーラーとしては半人前(笑)

プッシュ通知もできないし、アーカイブしたメールはもう処理できない。あくまでインボックスに入っているメールしか処理できません。だからあえて題名をメールツールとしました。

でも、このアプリ、最強なんです。

今までしたかったことが全部できるようになります。

スポンサーリンク

メールを軸にありとあらゆるアクションが行える。

メールの一覧画面は次のようになります。

Dispatch (3)

モザイクかけてあるのでちょっと見にくいですが、未読メールにはメールタイトルの左に赤い丸がついています。

画面は全てのアカウントのメールを一覧にしてますが、左上の三本線タップもしくは右にスライドさせることで、アカウントを選択することも可能です。

それぞれのメールを左にスライドさせるとそれぞれのメールに対する処理を選択できたり、設定でクイックアクションとしてアーカイブ、迷惑メール、削除を選択することができるので、簡単に設定したアクションを行うこともできます。

下のバーの一番右端をタップすることでメールを複数選択して処理を行うことができるようになります。

Dispatch (4)

右側に現れた丸印にチェックを入れて下のバーから「アーカイブ」「移動」「削除」を選択するとまとめてそれらのアクションを行うことができます。

Dispatchのすごさはここから。

メールを開いた画面が次のようになります。

Dispatch (1)

下のバーのアイコンは左から「既読/未読」「前のメールへ」「次のメールへ」「アーカイブ」「アクション」になるのですが、ここで一番右のアクションを選択してみます。

Dispatch (2)

こんな感じでありとあらゆるアクションに対応しています。

このアクションはメール一覧の画面、左上の三本線をタップした時に現れる設定で選択することができます。

Dispatch (5)

様々なアプリにメールを送ることができるだけでなく、Google翻訳、リンクをコピー、ソース表示、PDFとして書き出すなどもできます。

ここまでなら確かに対応アプリの数は多いかもしれないけれど、他のアプリでもありそうと思うかもしれません。

しかし、このアプリのすごいのはここから。

このアクションはメール全体に対して行われるわけではありません。

例えばメール中にwebへのリンクがあった場合に様々なブラウザで開くことができたり、それだけをカレンダーやEvernoteなどに送ることも可能です。

Dispatch (6)

他にも日付や時刻があった場合。

Dispatch (7)

電話番号やメールアドレスがあった場合。

Dispatch (8)

住所があった場合。

Dispatch (9)

今までできればいいのにと思っていたことが全部できちゃうんです。

送信するときだってスニペットで楽々。

個人的にはあまり使ってないのですが、スニペットいういわゆる定型文を登録しておいて、メールを作成することもできます。

同じく定型文を登録しておいて呼び出す入力支援アプリTextExpanderにも対応しているのですが、メール用の定型文はDispatch内のスニペットで作成しておけば便利に使えます。

例えばメール一覧の左上の三本線をタップした時に現れるスニペットというところでこんな風に新規スニペットを作成して、

Dispatch (12)

新規メールを作成する際に{ }のマークをタップすると

Dispatch (10)

スニペットを検索したり一覧から探して入力することができます。

Dispatch (11)

TextExpanderでも良いのですが、たくさんスニペットを登録しておくと忘れたり、スニペットがかぶったりするのでメールの定型文だけ別に作っておくのはオススメです。

まとめ

正直なところまだDispatchをメインのメーラとして使うには私自身迷っている部分もあります。

一番最初に書いたようにアーカイブしたメールを見ることができなかったり、プッシュ通知に対応していなかったりするからです。

ただ、まだ使い始めて数日ですが、すでにDispatchが手放せなくなっているのは事実です。

しばらくは無料のメーラーアプリと併用していく形になるんだと思います。

関連記事

やっとできた!高機能メーラーアプリDispatchでメール設定。

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事