林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

【ファイラー使いこなし術】無料スキャナアプリで取り込んだpdfファイルをDocuments5に入れよう。OfficeLenz編

   

【ファイラー使いこなし術】無料スキャナアプリで取り込んだpdfファイルをDocuments5に入れよう。OfficeLenz編こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

前回、前々回とスキャナアプリで作成したPDFファイルをDosuments5に送る方法を紹介してきました。

今回はシリーズ最終章、Office Lenzに送る方法です。

Office LenzはMicrosoftが満を持して発表したスキャナアプリです。

使い方などは過去記事でご紹介しています。

Microsoftの新しいスキャナアプリ、Office Lenzを早速試してみました!

今回はこのアプリからpdfファイルをDocuments5に送る方法を説明します。

スポンサーリンク

Office Lens

無料
(2015.04.09時点)
posted with ポチレバ

OfficeLenzからDocuments5にPDFファイルを送る方法

アプリを開くとカメラが起動するので、PDF化したい文書をスキャンします。

Documents5-OfficeLenz (1)

撮影後に確認、切り取りなどしてから右上の「完了」を押します。

Documents5-OfficeLenz (2)

PDFが作成されたので右上の上矢印がついたマークをタップします。

Documents5-OfficeLenz (3)

エクスポート先を選択する画面に移行します。

Documents5-OfficeLenz (5)

ここからMicrosoft社のOffice製品に送ることができますが、今回はDocuments5に送りたいので「PDF」を選択します。

するとシェアシートが開き、作成されたPDFの処理先を決定することができます。

Documents5-OfficeLenz (4)

OfficeLenz自体には作成したPDFを保存する機能や連続撮影の機能はついていないので、別の処理をしたPDFファイルを使用するときにはカメラ画面で右上の三本線をタップして「最近のアップロード」から以前に作成したPDFをダウンロードして再処理する必要があります。

まとめ

今まで紹介した2つのスキャナアプリに比べて操作自体が非常に簡単なアプリのため、ちょっとあっけない印象かもしれません。

CamScanner同様、GoodReaderなどの他のスキャナアプリでも同じ方法でpdfファイルを送ることができます。

無料版でもOCR認識機能がついており、スキャンした文書中の文字列を判別してWordに送ることができるなど、操作が簡単でもなかなか使えるアプリです。

興味をもった方は使ってみてください。

 - iPhoneアプリ ,

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事