林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

通知はカレンダーやTodoアプリでもしているけれどあえてDueを使う理由。

   

通知はカレンダーやTodoアプリでもしているけれどあえてDueを使う理由。pocket-watch-731301_640

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

予定の通知機能があるアプリってたくさんあります。

カレンダーは日々の予定を管理して通知してくれるし、Todoアプリだって通知してくれます。

一緒にしようと思えばできないこともありません。

でも私はあえてカレンダーとTodoアプリ、加えてリマインダーアプリのDueを使用しています。

一時期は使い分けに悩んでいましたがここ数ヶ月でようやく安定してきたので私の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

私が使っているアプリ

私が現在メインで使っているカレンダー、TodoアプリとDueがこちら。

ランチャーからの予定入力や検索のためサブ的にFantastical2も愛用。

カレンダーはiOSのカレンダーをGoogleカレンダーに同期させているのでどちらから入力しても同じように見ることができます。

それぞれにあった役割がある。

カレンダーは基本的に行事と予定のみ書いています。

やらなきゃいけないことはTodoアプリ。違いはチェックボックスがいるかどうかで判断しています。

Todoアプリはやっぱり使うと便利ですね。

以前は主婦にTodoアプリなんて要らないんじゃないかと思っていたんですが、実はそんなことないんです。

上の子が小学校に行き始めたらものすごく処理しなくちゃいけないことができはじめて。後は真ん中の子の保育園の予定と一番下の0歳時の内祝いだの予防接種だの、育休中の会社に出さないといけない書類だの。

そしてランサーズで受け始めたライティングの仕事とかブログネタとか。意外とタスクが多いんです。

それについでなので数ヶ月に一回の家事(洗濯槽洗いとかカーテンの洗濯とか)を入れてみたら思った以上に便利でした。

でもタスク管理はTodoで行っているのならなぜDueは必要なのか。

答えはDueの機能にあります。Dueの機能については過去記事で詳しく書いています。

高機能リマインダーアプリDueを使ってみたら本当に高機能すぎてビックリした。

Dueの特徴は件名にurlスキームやurlを使用すると完了時にアプリに飛んだりサイトを開くことができることと、しつこいくらいのリマインドです。

そのため私は特定の時間に開くアプリのurlスキームや特定の日付や時間に開きたいurlを登録しています。

具体的には毎朝体重を記録するためのアプリや睡眠状況の測定アプリ、カレンダーアプリ、Todoアプリやメールアプリをチェックする時間を決めたりなどです。

後はチラシを見ることができるサイトや科学館のイベント予約、市の広報のページなんかも入れています。この辺ってRSS登録したくてもRSSフィードが無かったり、でも更新日時が決まっていたりするんですよね。

アプリって全部通知をオンにすると結構電池消耗します。できることなら通知は最小限にしたいのでほとんどDueにまとめています。

ランチャーアプリでも特定アプリや特定サイトのリマインドはできるんですが、やっぱりDueはリマインダーの設定も簡単だしスヌーズ機能なども優秀なのでこちらを使っています。

さらにTextwellにDueに送る機能をつけておくとちょっとurlをいじりたい時なんかはすごく簡単ですし、登録しているサイトを他の誰かに送りたい時に共有することもできます。そういう連携機能が地味に豊富なのもDueを使っている理由です。

長所を最大限に引き出す。

一時期はDueに何でもかんでも入れてた時期もありました。

でもDueは通知機能は優れていますが、フォルダ指定やタグづけ、カレンダー表示はできないんです。

そうするとやっぱり使いにくくなってきてしまいます。

それぞれのアプリに得意なこと不得意なことがあります。

全てを一つでできればよいのかもしれないけれどまとめすぎるとゴチャゴチャしてきます。

得意分野はそれ用のアプリに任せて、無理に一つにつめ込まない。必要なところは上手につなげていく。

Dueに関してはやっとしっくり来る使い方を見つけられたような気がします。

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事