林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

故障やクラッシュでiPhoneのデータが消えてしまった時に。簡単にデータを復元できるソフト。EaseUS MobiSaver

   

故障やクラッシュでiPhoneのデータが消えてしまった時に。簡単にデータを復元できるソフト。EaseUS MobiSaverhttps---www.pakutaso.com-assets_c-2013-04-NKJ52_atamawokaita500-thumb-1000xauto-2769

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

iPhoneって便利ですよね。電話やメールはもちろん、写真も撮れるし予定の管理もできます。私も何でもかんでもiPhoneに入れておくのが当たり前になっています。

でも、もしiPhoneのデータが消えてしまったら?せっかくの写真や動画も連絡先も全部消えてしまったら?

こまめにiTunesやiCloudでバックアップを取っている人は良いのですが、iPhoneをわざわざPCにつなげてバックアップを取るのは面倒なもの。忘れている人も多いのではないでしょうか。

そんなもしものときに役立つソフトがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

デバイスからもiTunes、iCloudからも復元可能。

ソフトのダウンロードは下のサイトからできます。



無料体験版もありますが、無料体験版はプレビュー表示のみでデータのダウンロードはできません。

まず、ソフトをインストールしてiPhoneをPCとつなぎます。その状態でソフトを開くと下のような画面になります。

EM Mobserver (1)

デバイスから直接データを復元するときは一番上の「◯◯のiPhone」と欠かれたところにカーソルを持ってくると右側に緑色のボックスに「スキャン」という文字が出てくるのでここをクリックします。

EM Mobserver (2)

データの取り出しを行っているので少し待ちます。

 

データの取り出しが完了しました。なんだかよくわからない連絡先がある・・・(^_^;)

EM Mobserver (3)

削除済みはゴミ箱マークがついています。

復元することができるデータは写真、動画、連絡先、メッセージ、WhatsApp履歴、通話履歴、タイムライン、リマインダー、メモ、ブックマーク、カレンダーの11種類になります。

データの数は「削除済みデータ数/全データ数」で示されており、写真、テキスト共にプレビュー表示されます。

データを復元したい場合は復元したいデータの左にあるチェックボックスにチェックを入れて「復元」をクリックします。

するとデータを復元するフォルダを選ぶことができるようになるので、フォルダを選択して復元します。

復元したファイルはExportという名前のフォルダ内に格納され、写真はpng形式、通話等の履歴・ブックマークはhtml形式、連絡先はcsvファイル・html形式・vcfファイルで保存され、その他はテキスト形式で保存されました。

iTunes、iCloudからの復元も可能で、基本的にはデバイスからのバックアップとやり方は同じですが、iCloudに関してはログインが必要なことと、今までのバックアップ履歴が表示されるのでそこから選択することができます。

EM Mobserver (4)

まとめ

特別なスキルがなくても簡単に復元ができるところがよいソフトです。

写真とか以前に消してしまったスクリーンショットなどで一部、復元できていないデータもあるような気がしますが、普通にとった写真などは復元できているので良いかなという気もします。

もしも故障や何らかのトラブルでデータが消えてしまった時には役に立つと思います。

無料体験版でも復旧できるデータを確認することはできるので、購入前にデータを確認してから欲しいデータが復旧できそうなら購入するという手もありますね。

データが消えてしまって困っている方、是非試してみてください。



 - その他

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事