林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

ダイエット記録など目標を持った記録にはGridDiaryがオススメ!Moves・Evernote・Dropboxと連携も可能!

      2015/03/25

ダイエット記録など目標を持った記録にはGridDiaryがオススメ!Moves・Evernote・Dropboxと連携も可能!PPG_huruitaijyuukei500

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

少し前に記録するだけダイエットが流行りましたが、記録するだけと言ってもなかなか続かないものですよね。

そんな時におすすめのアプリがこの日記アプリ、GridDiaryです。

ちょっと変わった日記アプリで、グリッド(碁盤の目)に区切られたスペースに設問を設置して、設問に答えていくことで日記ができあがるという日記アプリです。

これが目標を持った記録、特にダイエット記録にオススメなんです。

 

スポンサーリンク

使う前の設定

 

アプリを開くと簡単なチュートリアルの後、デフォルトの画面が開きます。

 

GridDiary (6)

 

設定をタップするとテンプレートを編集できる画面になります。

 

GridDiary (1)

 

「他のテンプレートを探す」ではデフォルトの質問がランダムに入れ替わります。

個別に設定することももちろん可能です。

変えたい場所をそれぞれタップすると編集できます。

 

GridDiary (3)

 

ライブラリから選ぶこともできます。

 

GridDiary (2)

 

ライブラリには健康、生活、その他ニュース・情報・思いついたこと、家族、感情、学習・仕事・成長、生産率、絆、金融や財務、成功・失敗・発想、夢・ゴール・計画の11テーマ67件の項目がデフォルトで用意されています。

テンプレートを設定した後は一番右のチェックをタップし、最初の画面に戻ります。

ここで設定したテンプレートを毎日使いたい場合には最初の画面の一番右、・・・をタップし、「現在の日記をテンプレートとして保存します」を選びます。

 

GridDiary (4)

 

これで日記のテンプレートが完成しました。

 

実際に書いてみよう

 

最初開いた状態では今日の画面が表示されています。

日記を書きたい日付はスライドもしくはカレンダー画面から選ぶことができます。

それぞれの項目をタップして書きます。

天気、顔マークの今日の気分も選びましょう。

 

GridDiary (5)

 

キーボード上のアイコンは左から順にグリッドに戻る、前の項目に戻る、次の項目に移動、画像挿入、Movesと連携させるになります。

あとは項目に沿って書いていくだけです。

Movesと連携させるとその日の移動距離、時間、設定していればカロリーなども自動記入してくれます。

 

GridDiary (8)

 

ビューモードで毎日の記録を読み返しても楽しい

 

入力後に右から2番めのアイコンをタップするとビューモードで見ることができます。

Twitter投稿やメール送信も可能です。

 

GridDiary (9)

 

タイムラインで表示されるのでとても見やすいですね。

それぞれの項目には写真だけでなく、一緒にテキストを入れることもできるので、カロリーとか思ったことなんかを入れてもいいですね。

 

まだまだ広がる可能性

 

今回はGridDiaryをダイエット記録用に使ってみましたが、まだまだいろいろな使い方ができると思います。

単純に今日の記録用に使っても良いし、写真も残せるので行った場所や子どもの成長記録にも使うことできます。

それぞれの質問に答えることで日記が作れてしまうので、書くことがないから日記が続かないという人にはオススメです。

さらにカレンダー画面の歯車マークからEvernoteやDropboxへの接続をするとバックアップを取ることも可能です。

 

Pro版にアップグレードすればパスコードロックやiCloud同期、ナイトモードの設定やリマインダーの設置などができますが、無料版でも十分使えます。

なかなかおもしろいアプリなのでぜひ使ってみてください。

 - iPhoneアプリ ,

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事