林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

FC2からWordPressへ!ブログのデータをまるまる移行させる方法。その1

      2015/03/25

FC2からWordPressへ!ブログのデータをまるまる移行させる方法。その1box-158523_640

無事WordPressの導入まで済んだところでデータを移行させます。

 

記事データのエクスポート

 

まずは自分のFC2設定画面に入ります。

メニューから「ツール」→「データバックアップ」を選ぶと「エクスポート」という項目があります。

ブログ移転 (2)

ここの「全ての記事」の横にある「ダウンロード」をぽちっとします。

これでデータのエクスポートは完了です。

 

スポンサーリンク

画像データのエクスポート

 

画像データはちょっと面倒です。

画像データは記事データと違って100件毎にファイルに入ってます。

件数が少ないのであれば1つずつダウンロードしてもよいのですが、量が多いと無理なので画像一括ダウンロードソフトを使用します。

 

まずはイメージ・ダウンというソフトをInternetExplorerでダウンロードしてください。

クロームでダウンロードしようとしたらうまくいきませんでした。

このソフトを開いてソフトから先ほどのFC2管理画面の「メニュー」→「データのバックアップ」を開きます。

開き方は直接urlを記入してもよいしInternetExplorerのお気に入りに入っているのであれば直接「お気に入り」タブから開くことができます。

イメージ・ダウン

 

開くとこのようにページ内の全ての画像が上の段にサイズとurlが記載されているので、「表示」→「全てをチェックする」でチェックを入れてから選択して反転させ(これが必要かどうかわかりませんが、チェック付け&反転させないとダウンロードできませんでした)、「ファイル」からか下の段のボックスからかでダウンロード開始します。

標準だと「イメージ・ダウン」内のフォルダにデータはダウンロードされますが、「ツール」→「オプション」→「フォルダ」でダウンロードするフォルダを指定することも可能です。その場合は標準フォルダを変えるか、ダウンロードする時に「フォルダを指定してダウンロード」を選びます。

 

画像データのアップロード

 

記事データの補正を先に行っても良いのですが、それには画像データの新しいurlが必要なので、先に画像データをアップロードします。

まずはWordPress側の下準備として、「設定」→「メディア設定」の一番下「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外しておきます。

一括ダウンロードの作業が終わったらまたチェックを付けておけば良いでしょう。

次にファイルのアップロードです。

1つずつアップロードもできますが数が多い場合はFTPクライアントソフトを使ったほうが良いでしょう。

私はFFFTPを使いました。

設定の仕方についてはロリポップ!公式マニュアルを参照するとわかりやすいと思います。

FFFTPの使い方は左側でアップロードしたいファイルを開き、右側でアップロードする先のファイルを指定します。

アップロードする先は「wp-content」→「uploads」内に「image」など適当な名前をつけたファイルを作れば良いと思います。

これで画像のアップロードが終わりました。

 

次は文書データを書きなおしてアップロードしたり、FC2側の設定をしていきます。

 - ブログカスタマイズ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事