林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

iPhoneを使って家を探そう!物件検索に役立ったアプリ立ち。

   

iPhoneを使って家を探そう!物件検索に役立ったアプリ立ち。HIRA88_danboneko20140614111328_TP_V

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

なんだかんだと引っ越しをすることになってここしばらく物件を探していました。数年前に現在の場所に引っ越してきた時は探すのにPCを使っていたのですが、今回はずいぶんiPhoneのお世話になりました。

やっぱりちょっと調べたい時にさっと出して使えるし、通知で新規物件のお知らせもしてくれるし、持ち歩いてメモや写真も残せるから便利なんですよね。

では、私が物件を探す際に使ったアプリをまとめて紹介してみようと思います。

まずは物件検索。

最初はいろいろなサイトに載っている物件をまとめて探すことのできるこのアプリを使っていました。

9つのサイトをまとめて比較することができるアプリです。

探している条件を保存して新着情報や価格変動があった時に通知する機能もあります。

お気に入りに登録機能もあり、条件によって並べ替えも可能です。

とっても便利なアプリなのですが、物件を絞っていくうちにだんだん使いにくい点が出てきました。

まず、9つのサイトをまとめて比較しているので仕方ないのですが、1つの物件に対してもそれぞれのサイトごとに情報が表示されるのですごい量なんですよね。地域や物件によっては比較ができて良いこともあると思うのですが、我が家が探している条件だとどのサイトでもあまり条件が変わることがなかったので見にくいだけになってきたのです。

次に、問題はサイトの情報をまとめ直したものなので本サイトのものより少し情報が遅いことです。

いいなと思って詳細を確認しようとすると「すでに削除された情報です」みたいな表示がされることが何回かありました。

そんなこんなでこのアプリで見ていた情報の中で特に多かった3つのサイトが出しているアプリに切り替えました。

SUUMO(スーモ)

無料
(2016.06.26時点)
posted with ポチレバ

リクルートIDでログインするといろいろな機能も使えるようなんですが、ログイン無しでも十分使うことができます。

条件保存、保存した条件で新着通知、お気に入り保存など基本的な機能はもちろんそろっています。

検索条件については賃貸の場合には方位や設備など結構細かく設定できるのですが、購入の場合は建物種別、場所、価格、面積、間取り、駅徒歩距離、築年数といった基本的な条件しか検索することができません。

SUUMO同様、通知機能やお気に入り保存機能など基本的な機能はあります。

検索条件は賃貸の場合と戸建て購入の場合は設備まで細かく設定することができます。

at homeアプリの特徴としては住居物件だけでなく、駐車場や店舗、事務所の賃貸や購入(駐車場は賃貸のみ)にも対応している点です。

また沿線を指定して賃貸や購入の相場を見ることができます。

個人的には下に「検索」と「検索条件を保存」というバーが常に出ているのでちょっと見にくいかなという気がします。

HOME'S(ホームズ)

無料
(2016.06.26時点)
posted with ポチレバ

今回使った3つのアプリの中では一番機能が多いアプリです。

通常の物件検索の機能に加えて引っ越しのためのやることリストを作成することができたり、家賃相場の検索、見学した物件を写真で記録する見学メモの機能もあります。

物件の検索内容としては条件指定はSUUMOとat homeの中間くらいの細かさですが、フリーワード検索ができるのが特徴です。

いいなと思った物件があったら周辺環境もチェックしてみる。

気に入った物件があったら周辺環境が気になってきます。

そこで使ったのがおなじみのGoogleアプリ。

Google ストリートビュー

無料
(2016.06.26時点)
posted with ポチレバ

スーパーや病院、学校といった周辺施設の確認にはやっぱりGoogleマップが便利です。

また前の道路の広さとか周辺環境のチェックにはGoogleストリートビュー。ストリートビューについてはやっぱり公式アプリが一番見やすい気がします。

いざ、物件を見に行ってみよう!

気になった物件が見つかったら不動産業者に連絡して物件見学の流れになります。

物件見学の際にもiPhoneアプリは役立ちます。

メモには写真と文章の両方が残せるものが役に立ちます。

使い勝手の良さとかPCでも見るかどうかとかで好みが分かれると思いますが、下の2つのアプリはおすすめ。

Paperはちょっと使い方が難しいのでいきなり使いはじめると戸惑ってしまうのではないかと思います。

でも写真内に記入もできるし、手書きもOK、リスト作成もできるので、物件見学だけではなくてその後の引っ越し段取りとかにもそのまま使えるのではないでしょうか。

複数のメモをグリッドごとにまとめることができるので、物件ごとの整理が可能です。

Google Keepは写真、音声メモ、リスト作成、テキストメモの作成ができます。

PC同期が可能で、iPhoneで取ったメモを特別な操作無しでPCでも見ることができます。

ただし、複数のメモをフォルダ分けしたりすることはできないので、自分なりの整理の仕方を考えておかないとどの物件を見た時のメモかわからないなんてことも起こりえます。

まとめ

今回紹介したアプリはどれも無料で便利に使えるものばかりです。

探している物件の種類や地域によって使いやすさは違ってくるかと思うので、自分たちの条件にあったアプリを選んで使ってみてください。

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事