林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

やっと招待されたのでGmailの新しいメールアプリInboxを使ってみた。

      2015/03/24

やっと招待されたのでGmailの新しいメールアプリInboxを使ってみた。こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

最近、GmailのInboxの登場やMicrosoftのOutlookがアプリを出したりとメールアプリが元気ですね。

ずっと気にはなっていたのですが、招待制ということで使えなかったInboxをやっと使えるようになったのでご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

まずは招待を受けることから。

Inboxは招待制です。

私の場合は指定の時間内にあるメールアドレスにメールを送れば誰でも招待されるという記事を見つけたので、さっそくメールを送ってみました。

すると、数時間もしないうちに招待のメールが届きました。

メール内のurlをクリックすれば使用が開始できます。

この期限付きの招待は時々行われているみたいなので、ネットのニュースやツイッターなんかをちょこちょこチェックしていれば今後も手に入れることができるのだと思います。

アプリをインストールして使ってみる。

iOS版は無料アプリをインストールして使用します。

PC版もあり、これは招待された後にPCでGmailを開くと「Inboxに移動しますか?」的なメッセージが出て使えるようになります。

一度設定してしまえばその後はPC版の方は今までのGmailとInboxを簡単に行き来できるようになります。

アプリの画面は下のような感じ。

Inbox (4)

上の画像はToday分しかメールが残っていない状態ですが、Inboxにメールが沢山残っている場合、今日、昨日、今週、先週、先月くらいの感じでメールがまとめられています。

メールは1つずつ→スワイプでアーカイブ、←スワイプで後で時間を指定して通知できますが、Todayの右横にあるチェックマークをタップすると今日の分のメールをまとめてアーカイブできます。

1つの操作ごとに下から「本当にその処理をしても良いの?」的なメッセージが出るので、もし間違えた場合は「UNDO」の文字をタップすれば元に戻してくれます。

この辺りの操作感はMailboxに似てます。

さてここからが本題。

Inboxの本領はアーカイブ後に自動でメールをフォルダに振り分けてくれるところにあります。

画面の左上、「Inbox」というフォルダ名の隣にある三本線をタップするとアカウントの入れ替えやフォルダを見ることができます。

Inbox (5)

まず上の方はスヌーズしたメールや下書き、送信済み、リマインダーをつけたもの、ゴミ箱、スパムなどがありますが、これを下にスクロールすると初期設定では7つのフォルダが作られているのがわかります。

Inbox (6)Inbox (7)

アーカイブするとメールはこのフォルダに自動的に振り分けられます。

もちろんこのフォルダは新規作成や削除も可能です。

フォルダの一番下、「Low priority」の下に「+Create new」という欄があるのでここからフォルダを新規作成することができます。

バンドルという考え方

先ほどフォルダの一覧の画像でbundledとunbundledというものに分かれていたと思います。

このバンドルというのはメールの通知方法で、bundledに設定されたフォルダはメールの受信画面でバンドルごとにまとめられて表示されます。

unbundledに設定されたフォルダに届いたメールは従来のGmailと同じように個々のメールごとに表示がされます。

この設定はフォルダを開いて右上にある歯車マークから可能です。

Inbox (2)

上の画像は初期設定で存在する「Promos」というフォルダの設定を開いたところです。

初期設定の7つのフォルダは消去できませんが、後から作ったフォルダはこの画面の前にフォルダに振り分けるメールの設定やフォルダを消すというボタンもあります。

上の画像で「Bundle messages in the inbox」というところをオンにするとバンドルが設定されます。

この画面ではバンドルの設定の他に通知の設定もできます。

フォルダごとに通知するかしないかを選べるんですね。

メールのまとめ方も設定ができ、「Show bundle」から行います。

Inbox (3)

このようにバンドル設定をすると、大量のメールが届いてもInboxの中身がスッキリして見やすくなります。

スターに取って代わるピン

Inboxには今までのGmailにあったスターというものが存在しません。

代わりにピンを立てることになります。

メールを開くと下のような画面になります。

Inbox (1)

上の部分にピンマークが出ているのでタップすると「Remember to・・・」という欄が出てきてここに好きな言葉を入れられます。

ピンを立てたものに関してはメール一覧の画面で、検索の横にあるピンマークをオンにするとピンの建てたものだけが表示されるようになります。

使ってみた感想など

まだ慣れないせいか使いにくいというのが本音です。

ただ、一気にフォルダ分けしてくれるのは非常に助かります。

PC版もアプリと同じような画面なので操作は簡単で使いやすいです。

ただし、PC版でいまいちメールをまとめて処理する方法がわからなかったり(チェックつければ複数個の選択はできますが、「表示されているもの全部を選択する」みたいなボタンがない)、アプリの方でメールの届いた時間が確認できないのでわかりにくかったりします。

使い慣れてきたらバンドルとか一気にフォルダ分けしてくれる機能は手放せないものになりそうです。

私は1日にかなり大量のメールが届く方なので便利だと思ったのですが、プライベートでしかメールを使っていなくて1日に数件しか受診しないようであればあまり恩恵は受けないかもしれません。

あとは仕方ないことかもしれませんが、Gmail以外のメールにも対応して欲しいのと、複数アカウントのメールを一つの受信ボックスにまとめてくれれば言うことないのになんて考えたりします。

とりあえずしばらくの間はInbox使ってみます。

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事