林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

ウィジェットからアプリを起動できるLauncherがアップデート。特定のミュージックを再生したり空き容量を確認できるようになった!

   

ウィジェットからアプリを起動できるLauncherがアップデート。特定のミュージックを再生したり空き容量を確認できるようになった!rocket-launch-67723_640

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

ウィジェットからアプリを起動できるLauncherというアプリがあります。今までも十分に便利なアプリだったんですが、今回のアップデートでさらに便利になりました。

スポンサーリンク

今回のアップデートで使えるようになったのはほとんどがプロ版での機能です。

今まで使うことができたのは特定の人に電話やメールを一発起動できる「連絡先ランチャー」、アプリを開くことができる「アプリランチャー」、特定のWebページを開くことができる「Webランチャー」、urlスキームでアプリを開くことができる「カスタムランチャー」の4種類でした。

今回これに追加して「特殊ランチャー」と「ミュージックランチャー」の2種類が追加になっています。

時計からナビまで便利な「特殊ランチャー」

Launcherの基本的な使い方は変わっていません。

一部表示画面が変わったところもありますが使い方は過去記事を参照してみてください。

iOS8になってMyShorcuts+Viewerなど通知センターを使うアプリが使えなくなった人に朗報!通知センターからアプリが開けるLauncher

私がウィジェットからアプリを開くのにLauncherを使っている理由。

今回のアップデートでランチャーアイテムの選択画面が下のようになりました。

Launcher 3 (3)

まず「特殊ランチャー」を押してみます。

Launcher 3 (1)

UberはUberでタクシー頼んだ時の待ち時間かな。使ったことないからわからないけど。

時計や天気のほか、通信速度やバッテリー、空き容量なんかもあります。これを選ぶとウィジェットで確認できるというわけ。

通信速度と空き容量をウィジェットに表示するとこのようになります。

Launcher 3 (2)

内蔵ランチャーとしては懐中電灯とホームボタンがあります。

メタランチャーでは指定した場所へのナビを表示するランチャーを作ることができます。

それぞれのマップナビランチャーを作成し、アプリアイコンをタップすると位置情報がオンになっている場合、その場所に行くナビランチャーが自動作成されます。

編集も可能で緯度経度でスタート地点もしくはゴール地点を設定できます。

曲を一発で再生できるミュージックランチャー

ミュージックランチャーを選ぶとアーティスト、アルバム、プレイリストなどを選択して指定の曲をウィジェットから再生することが可能です。

Launcher 3 (4)

私はiPhoneで音楽を聞かないので試していませんが、iTunesに曲が入っている場合、ここから選択することが可能なんだろうと思います。

ポッドキャストやオーディオブックにも対応してます。

まとめ

今回のアップデートで驚くべき進化を遂げた感じです。ウィジェットからアプリを起動できるものって増えた感じがするけれど、ここまでできるようになったら他のものと別格になっちゃいましたね。

ずっと課金せずに使っていたんですが、速攻Proにしました。

今なら期間限定で通常600円のPro版が360円になってます。

 - iPhoneアプリ ,

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事