林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

引っ越しにも模様替えにも!写真に矢印や長さを書き込めるMyMeasuresProが便利すぎる!

   

引っ越しにも模様替えにも!写真に矢印や長さを書き込めるMyMeasuresProが便利すぎる!-shared-img-thumb-HOS8512_TP_V

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

3月も半ばになり、街でも袴姿の人たちをちらほら見かけるようになりました。

そろそろ今までの場所を卒業し、新生活に向かっていく季節になってきましたね。

今日はそんな新生活に役立つアプリを紹介します。

My Measures PRO

960円
(2016.03.16時点)
posted with ポチレバ

ちょっとお高いアプリなので、個人の引っ越しや模様替えなら機能が制限された無料版でも良いかと思います。

My Measures

無料
(2016.03.16時点)
posted with ポチレバ

写真に矢印を書き込める、計算もできる。

アプリを開くと下のような画面になります。

MyMeasuresPro (1)

ここに画像がカード形式で並んでいく形になります。さらにフォルダに入れることもできます。

左上の+マークをタップして画像を追加します。

MyMeasuresPro (2)

画像はカメラで撮る他、カメラロールからも選択できます。ここでフォルダも作れます。

使いたい画像が決まったらあとは必要な矢印などを書き込みます。

画像への書き込みは下のツールバーを使って行います。

最初は一番左の「ロック解除」というボタンを押して使いたいツールを選択すると描画ができるようになります。

MyMeasuresPro (3)

矢印はピンチアウトでどこからどこまで引くか決めたあと、矢印をタップしてcmなどの表記を行います。

MyMeasuresPro (7)

ここでは矢印の形状や色、単位などを選択できます。またツールを選択すると矢印の複製や分割などもできます。

MyMeasuresPro (8)

複製&分割した矢印がこちら。

MyMeasuresPro (9)

上の画像では上部に複製したあとで分割しています。矢印に長さが入力されている場合、分割後の計算も自動で行ってくれます。

通常の矢印、角度、テキスト挿入、画像挿入、描画の削除のほか、隣のボタンでは合計、平方などの計算もできます。

MyMeasuresPro (4)

行いたい計算を選択したあとに計算したい数字の入った矢印を選択すると下の部分に計算結果が表示されます。

MyMeasuresPro (13)

また矢印を伸ばす際の先端の表示方法やズームなどもできます。

左から三番目の「表示」のボタンを押すと「スナップ」「ルーペorクロス」「ズーム」「回転」の4つのツールがでてきます。

MyMeasuresPro (5)

「スナップ」をオンにすると矢印の先同士が磁石のようにくっついて描画が少し楽になります。ただなんとなくくっつくかな程度なのでちょっと微妙かも。

次のボタンは矢印の先を動かしている時の表示方法です。ルーペを選択していると下のように矢印の先が拡大されます。

MyMeasuresPro (6)

また、クロスを選択していると下の画像のように格子線が出てきます。

MyMeasuresPro (10)

「ズーム」はズーム機能です。

オンにしているとピンチアウト・ピンチインで拡大・縮小されます。

矢印を書いている時などでややこしければオフにしたほうが良いと思います。

「回転」は画像の回転です。

多彩な共有機能

MyMeasuresProは共有機能も多彩です。

まずは個別画面での共有。

ツールバー右から二番目の「共有」をタップすると、メール、印刷、ライブラリーへのエクスポートを選択できます。

MyMeasuresPro (11)

さらに下の「→を開く」を押すとPDF、画像、プロジェクトの3つの形から選択してシェアシートを開くことができます。

MyMeasuresPro (12)

またファイル画面でも同様に共有が可能です。

ファイル一覧を開いた状態で右上の「編集」を押すとファイルを複数選択することができるようになるので選択後、一番左上のシェアアイコンを押すと先ほどと同じ方法で共有することが可能です。

シェアアイコン隣のクリップボードアイコンではコピー、カット、複製ができます。

またWi-Fi経由でPCにファイルを送ることも可能です。

アプリ内の設定を開き、WiFiという項目を開きます。

「Wi-Fiドライブを有効にする」をオンにするとデバイス名、IPが表示されるので、Windowsの場合はエクスプローラーのバーにこの値を入れると「接続を許可しますか?」というメッセージが現れます。

これを許可するとPC上にMyMeasuresのフォルダが現れ、ファイルを受け取ったり転送したりすることが可能になります。

Macの場合や詳しい設定法についてはアプリの中で動画による説明がされているので見てください。

まとめ

画像の中に矢印や文字を書き込めるアプリは他にも色々あるのですが、計算から共有までをここまでできるアプリってなかなか無いように思います。

アプリの説明書きによると無料版だと共有するときにPDFやイメージとして共有できない、DropboxやGoogleDriveへの書き出しができない、ファイルや注釈に制限がつく、スナップ・ズーム・計算機能が使えない、PCへのファイル転送ができない、TouchIDやパスワードの設定ができない、LeicaDISTOが使えない(有料版だとLeicaDISTOという器具を使って測定した値が自動で反映されるらしい)といった制限があるみたいです。

ということは他のアプリとあまり変わらなくなる気もしますが・・・

でも無料版でも画像のフォルダ管理や矢印の書き込みなどはできるのでDIYや模様替えが好きや人や引っ越しの機会が多い人なんかは特に重宝するアプリだと思います。

My Measures PRO

960円
(2016.03.17時点)
posted with ポチレバ
My Measures

無料
(2016.03.17時点)
posted with ポチレバ

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事