林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

自由自在にランチャーを作れるMyShortcuts+Viewerがアツイ!ウィジェット機能だけじゃないよ。

      2015/03/24

自由自在にランチャーを作れるMyShortcuts+Viewerがアツイ!ウィジェット機能だけじゃないよ。こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

最近、以前から欲しかったMyShortcuts+Viewerというアプリを購入したのですが、最近同じ作者さんのアプリでMyMemoというアプリも出てたんですね(^_^;)

MyShortcuts+Viewerというのは通知センターからアプリを呼び出せると話題のアプリです。

iOS8になった時に一旦消えかけてはいたものの、アップデートで見事に復帰、現在もウィジェット機能でアプリを呼び出すことができます。

MyMemoはそのウィジェット機能に特化したアプリです。

もともとウィジェットからアプリを呼び出したくて購入したのですが、MyMemoの存在を知ってちょっと悔しくなったので、その他の機能もいろいろいじってみました。

そしたらなんと!ウィジェット機能以外にも使える機能が盛り沢山!

しかも最近ハマっているランチャー系アプリとめちゃめちゃ相性が良いんです。

ウィジェット機能だけ欲しい人はMyMemoでも十分だと思いますよ。

基本的な使い方は変わらず、ウィジェットでの幅も広いし使いやすいので。

では、MyShortcuts+Viewerをご紹介します。

MyShortcuts+Viewer

100円
(2015.01.22時点)
posted with ポチレバ

スポンサーリンク

定番のウィジェット機能

ウィジェットからアプリを呼び出す方法はたくさんの方が記事を書いているので簡単に説明します。
まず、アプリを開くと下のような画面になります。

MyShortcuts (7)

ウィジェット機能を使用するには「メモ」を使います。

ウィジェットでMyShortcuts+Viewerのウィジェットを有効にするとこのメモに書かれた部分が表示されます。

すごいのはメモに書かれたHTMLやJavascriptも適応されるという点。

これを使ってアプリの呼び出しをします。

MyShortcuts (8)

アプリのurlスキームを使ってメモ欄に次のように書きます。

<a href=’urlスキーム’>表示名</a>(小文字で記載)

すると上のように書いたメモはウィジェットで次のように表示されます。

MyShortcuts (5)

もちろん、画像表示も可能なのでアイコン表示にすることもできるのですが、重くなるのが嫌なのでシンプルに文字だけにしています。

もし、ウィジェットの幅が足りなくて切れてしまうようなら、「設定」→「MyShortcuts」でToday Heightの数字を大きくしてみてください。

MyShortcuts+Viewerのメモの上、完了の横の雷マークから同じ作者さんのMyScriptsに飛ぶこともできるので、こちらで書いたJavascriptを使ってアイコンを表示したり、詳しい人はその他もろもろのこともできると思います。

ファイルや写真をランチャーに追加する。

MyShortcuts+Viewerのもう一つの機能として、ファイルや写真を他のランチャーアプリに渡せるという機能があります。

作者さんのブログ、Unit Kay’s Blogでは次のように説明されています。

MyShortcutsとカレンダー、Touch Icon Creator、aHomeIcon、Iconizer、Launch+、Launch Centerなどのアプリを組み合わせて使用すると、それぞれのアプリから各種のファイルにアクセスできるようになります

他のアプリからOpen Inを使って、またはiTunesを使ってMyShortcutsにファイルを渡します。または、MyShortcuts内から「写真」アプリ内の写真や動画を登録します。

ごめんなさい、これだけでは私、あんまり良くわからなかったんです。

そもそもOpen Inって?iOS8になってからApp ExtensionになってるからSafariからファイル渡せないんじゃ?

ファイラー使わなきゃダメ?みたいなことになってしまって。

いやいやちゃんとできました。

まずはSafariでPDFファイルなどを開こうとすると次のような表示が出ます。

MyShortcuts (1)

この表示、結構すぐに消えてしまうので見逃さないように選択しましょう。

「次の方法で開く…」を選択すると、AppExtensionには対応していない他のアプリを選択することができます。

MyShortcuts (2)

ここにMyShortcuts+Viewerもいます。

で、MyShortcuts+Viewerを選択するとアプリ内の「ファイル」のところにさっき選択したファイルがいます。

MyShortcuts (3)

このファイルをタップすると下から次のような選択肢が出てくるので、カレンダーやランチャーアプリに登録する際には「URLをコピー」を選択します。

MyShortcuts (4)

使えるランチャーアプリはTouch Icon Creator、aHomeIcon、Iconizer、Launch+、Launch Centerと使い方の方にも書かれています。

ホーム画面にアイコンを置きたいのであれば、Touch Icon Creator、aHomeIcon、Iconizer、ランチャーに組み込みたいのであればLaunch+、Launch Centerってことでしょう。

それぞれのランチャーアプリのリンクはこちら↓

どれもurlを登録する場所があると思うので、ここにコピーしたurlを貼り付ければファイルへのランチャーが作成されます。

標準のカレンダーアプリにもイベントの新規作成のところにurlを入れる場所があるので、そこにurlをコピペすれば、イベントにファイルを添付することが可能です。

写真も基本的には同じやり方です。

MyShortcuts (9)

「写真」のところには上に+マークとカメラのアイコンがあります。

+マークでカメラロールから写真を追加、カメラアイコンで写真撮影ができます。

ファイルの時と同じように取り込んだ写真のデータが表示されるので、同様のやり方でurlをコピーしてランチャーアプリやカレンダーに貼り付ければ終了です。

リマインダーでアプリやファイルを呼び出せる。

MyShortcuts+Viewerのもう一つの機能がリマインダーです。

先ほどのファイルや写真の追加をした時に「リマインダー」という選択肢があったと思います。

MyShortcuts (4)

ここからファイルや写真をリマインダーで呼び出すこともできます。

その他にアプリ内の「リマインダー」を開いて右上の+マークを押すと、次のような画面になります。

MyShortcuts (10)

ここで時間を入れると決まった時間に通知がされ、urlのところにurlスキームを入力するとそのアプリに通知から飛ぶことができます。

以前のバージョンではこのリマインダー登録で通知センターからアプリの起動が行われていたようですが、iOS8になってからは他のアプリと同様、リマインダー登録で通知された内容は一度タップすると消えてしまうので、この機能は本来のリマインダーとしてのみしか使用できなくなりました。

おもしろいのは「登録用リンク」をタップするとリマインダーのurlスキームがクリップボードにコピーされ、他のアプリでリマインダー作成のランチャーを作ることが可能な点です。

さすがいろいろ小技の効いたアプリですね。

まとめ

定番のウィジェット機能はとても便利で、他の類似アプリは一旦自分のアプリに飛んでから登録アプリを開くものが多いのですが、MyShortcuts+Viewerは直接開きたいアプリに飛ぶのでストレスフリーです。

この機能に焦点が当てられている理由もよくわかります。

しかし、他のファイルや写真のランチャーを作れる機能も使ってみると便利で、私は次のような使い方をしています。

  • パートのシフト表をスキャナーアプリで撮って、ランチャーに登録。
  • よく行く大きな公園やアミューズメントパークの地図をサイトからPDFファイルとして取り込んで、ランチャーに登録。
  • バスなどの時刻表をスキャナーアプリで撮ったり、サイトから取り込んでランチャーに登録。

などなど。

最近ランチャーがLaunch Center Proだけでは足りなくなって困ってます(*^_^*)

MyShortcuts+Viewer

100円
(2015.01.22時点)
posted with ポチレバ

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事