林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

OneNoteはEvernoteの代わりになるのか?Evernoteの価格改定を受けて考えてみた。

   

OneNoteはEvernoteの代わりになるのか?Evernoteの価格改定を受けて考えてみた。gori0I9A3007072101709_TP_V

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

ネット上では先日のEvernoteの価格改定を受けて様々な議論がされています。

主な変更点としては有料プランの値上げと無料プランに2デバイス制限を設られたという2点になります。

個人的にはPCとiPhoneの2デバイスでしかEvernoteを使わないので特に問題はないのですが、iPadも持っていたり複数のPCでEvernoteを使っている人にとっては厳しい条件なのではないでしょうか。

そこでEvernoteの代わりとして挙がってくるのはMicrosoftのOneNoteです。

本当にOneNoteはEvernoteの代わりになるのか?検証してみたいと思います。

見やすいUI。使いやすい編集。

OneNoteをiPhoneアプリで開くと下のような形でノートが開きます。

OneNote (1)

一つのノートは上のタブでフォルダ分けできます。

下に引っ張ると上部に表示方法を変更するアイコンとまとめて編集ができる「編集」の文字が現れます。

OneNote (3)

編集ではまとめて削除、移動、コピー、項目を一段下げたり上げたりといったことができます。

また上の画像でも示していますが、右下の+マークをタップすることで新規ノートの作成ができます。

新規ノートは写真、リスト、ノートを作成することができます。

左上の三本線をタップするとノートブックの選択ができます。検索も上の検索窓から可能です。

OneNote (2)

私はノートブックを一つしか作っていないのですが、複数のノートブックがある場合はここに表示されます。

こうやって見るとEvernoteよりOneNoteの方がすっきりして見やすい感じがします。

ノートの作成と共有。

OneNoteのノート作成画面は下のような画面です。

OneNote (4)

キーボード上のバーで写真、音声入力、チェックリストの作成などやこの画像には写っていませんが、右にスライドさせることで太文字や斜体、下線づきやファイルの添付も可能です。

ちなみに下はEvernoteのノート作成画面。

OneNote (5)

写真ノートの作成、音声入力、手書きなどができるのがわかります。

OneNoteもPC版だと手書きできるのですが、アプリ版では手書きができるアイコンが見られませんでした。

あと、Evernoteではノートにリマインダーを設定することができるのですが、OneNoteではできません。

共有についてですが、OneNoteではノートブックに他のユーザーを招待することができる他、ノートブックにリンクをコピーすることで他のユーザーが閲覧もしくは編集をすることができます。またノートごとにページをPDF形式で添付してメールで送ることもできます。

Evernoteでは公開リンクを使った方法やワークチャット、メールでの送信などがあります。

ノートの保存方法と制限。

Evernoteの無料プランでは月間アップロード容量が60MBという制限があります。有料のプラス、プレミアムになると1GB/月、10GB/月に容量がアップされます。

一方でOneNoteはOneDriveに保存するのでOneDriveの容量分保存が可能です。つまりOneDriveを全てOneNoteで使用するのであれば無料で基本的には15GBです(ただしカメラロールの自動アップロードなどの設定でボーナス特権あり)。

私的考察。

以前、OneNoteを頻繁に使用していた時期もあったのですが、アプリ版の同期が遅かったり、ノートを開くとアプリが閉じてしまったりというバグが多くて使用をやめていました。

今回、久しぶりにOneNoteアプリを使用したのですが、以前のようなことは全く無く、とても快適に動くことにびっくりしました。

Evernote、OneNoteともにPC版もあり、アプリ版とは若干使用感などが違うのですが、OneNoteの方がPC版とアプリ版の違いが大きいような印象を受けます。

OneNoteのPC版ではアプリではできないことも多いため、OneNoteを最大限に活用しようと思うのであればPC版を積極的に使ったほうが良いような気がします。

リマインダーの多用やワークチャットなどEvernoteにしかできないことをよく使っている人以外であればOneNoteへ移行してもそれほど問題はないかと思います。

あとはクライアントアプリの豊富さでEvernoteを取る人は多いかも。そういう私もその手の1人なのですが。

Evernoteはやっぱりクライアントアプリが豊富なので、Evernote公式アプリをあまり触っていなくてもクライアントアプリでことが済んでしまいます。また保存先をEvernoteになんてアプリも多いのでついつい便利に使ってしまう。

月60MBの制限がキツくなくて端末も2つで十分なら特にEvernoteのままでいいかなあなんて気もしますが、今回OneNoteを使ってみて以外にも快適&見た目がきれいだったのでEvernoteと平行して使っていこうかなと思っています。

 - iPhoneアプリ ,

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事