林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

【備忘録】Cloudfoggerをアンインストールする方法。

      2016/06/29

【備忘録】Cloudfoggerをアンインストールする方法。こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。
最近、パソコンの調子が悪いので話題のAmazonプライムセールで購入することにしました。
古いパソコンは時々、意味不明な動きをするものの文字入力をしなければそこまで悪影響はないので不要なファイルやソフトを抜いておいておくことにしたのですが、どうしても最後までアンインストールできないソフトがありました。
苦手な英語に四苦八苦しながらもなんとかアンインストールできたので今後のためにも顛末を残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

クラウドの中身を暗号化できるCloudfogger

アンインストールできなかったのはCloudfoggerというフリーソフトです。
アプリにもあります。

Cloudfogger Cloud-Encryption

Cloudfogger Cloud-Encryption
無料
(2015.07.15時点)
Cloudfogger
posted with ポチレバ

DropboxやOneDriveなどのファイルを簡単に暗号化できるソフトです。
どんな感じかというとこのソフトを使うと指定のファイルがcfog形式になってCloudfogger経由じゃないと開けなくなるんです。メールアドレスによって共有も可能なので見せたい人にだけクラウド内のファイルを見せることができます。
またPC内のファイルも暗号化することが可能なので他の人に見せたくないファイルなどは暗号化しておくと便利です。
で、このソフトを普通に「コントロールパネル」→「プログラムの削除」からアンインストールしようとしたんですが何やら英語が出てきてできないんです。
スクショ撮ってないので正確な文章はわかりませんが、「このソフト、アンインストールしちゃったらもうファイル開けなくなっちゃうよ!」的な文章だったと思います。
でもPCにはもうDropboxもGoogleDriveもなくしちゃったしソフト上では全部連係解除してるし、もちろんPC内の他のファイルでcfogファイルはありません。
検索しても強制的にアンインストールするソフトを使うみたいなことしか書いてないし。
はてさて。どうしたものか。

原因はGoogleDriveに残っていたcfogファイル

PC内をいくら探しても該当するファイルはないので今度はクラウド内をもう一度見てみることにしました。
そしたらあったんです!GoogleDriveにcfogファイルが!!
インストールしていたGoogleDriveはPCから削除していたのですが、cfogファイル自体は残っていたんですね。
このファイルを削除したらあっさりCloudfoggerをアンインストールすることができました。

まとめ

日本語対応してないソフトとかでエラーメッセージとか出るともうドキドキしちゃいます。
機械系ってイマイチ苦手感があるし。
ということでもし同じようなことで困っている方いたら参考にしてみてくださいね。
via PressSync

追記(H28/6/29)

Cloudfoggerはサービスを終了したようです。

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事