林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

ライブドアReaderがいろいろと残念なことになっていたので、Feedlyに全面移行。アプリ設定とかiftttレシピとか見直しました。

      2015/05/08

ライブドアReaderがいろいろと残念なことになっていたので、Feedlyに全面移行。アプリ設定とかiftttレシピとか見直しました。8月辺りにあったFeedlyのサーバー攻撃以来、RSSリーダーをFeedly一辺倒にするのが不安になり、Feedly、Newsblur、LivedoorReaderの3本にしていたのですが、今回LivedoorReaderの使用を諦めることにしました。

スポンサーリンク

LivedoorReaderを諦めた理由

理由は2つあります。

1つ目は2~3週間前からPC版でのショートカットキーが正常に作動しなくなったこと。

LivedoorReaderには便利なショートカットキーがあり、s、aでフィードの移動、j、kでアイテムの移動ができます。それがフィードの移動はできるのですが、アイテムの移動が記事途中からならできるのですが、記事の最初だと全く動かなくなってしまったのです。

ショートカットキーをかなり多用していたのでこれは致命的でした。

2つ目はiOS8のアップデートでiPhoneアプリ版がすぐに落ちるようになってしまったことです。

LivedoorReaderには公式アプリはなく、LDRtouchというアプリを入れていたのですが、これが全然iOS8に対応してくれない。

更新しても落ちるし、開いても落ちる。

これじゃ、iPhoneで全然見ることができません。

新しいRSSリーダー探し

RSSリーダーに求める条件は大きく分けて2つ。

  • 無料であること
  • PCでもiPhoneでも見ることができる。

簡単なようでこの2つを満たすのは意外と難しいのです。

まず無料であること。無料版はいろいろな制約を受けます。

今回、移行するにあたり一番ネックになったのは無料版で登録できるフィードの数です。

NewsBlurの場合だと64フィードまで。Feedspotだと15(?)フィードくらいだったと思います。

LivedoorReaderに登録していたフィードは約100フィード。自動登録で登録されていてあまり読んでないものは削除するとしても全然足りません。

結局、無料版でもフィード制限が(たぶん)ないFeedlyに落ち着きました。

Feedlyの設定とかiftttとか

とりあえず、なんとなく設定していたiPhoneアプリのFeedlyの設定から。

DefaultViewをListに。

フィードが多くなるとリストの方が効率がいいんですよね。

Feedlyのスタイリッシュさは半減しますが、使いやすさは倍増。

TrasitionをStackからScrollへ。

これは好みもあると思います。

ただ、リストにするとスクロールかスワイプでページを変えれる方が見やすい気がします。

ジェスチャーなどはお好きなように。

私は長押しでSaveがどうも苦手なのでオフにしてますが、上手に使える人は便利だと思います。

Feedlyのアプリは設定で使いやすいようにカスタマイズできるのが魅力ですよね。

iftttの設定

 

Feedlyに追加したサイトurlをGoogleスプレッドシートに保存

これでとりあえずのバックアップは完了。

Feedlyであとで読むにしたらBufferに登録

自動で気になる記事をツイッター投稿できます。

あとで読むにしたらPocket保存

ツイートするついでにPocketにも保存。

Pocketで星をつけたらEvernoteへ

後で読んで残しておきたいものはサクッとEvernoteへ。

とりあえずこんなところです。

まずはしばらく様子見て、またテキトーに設定していく予定です。

Feedly

 - webサービス

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事