林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

料理写真投稿系SNS比較・最終章!同時投稿先が多くて、公式アカウントも多いSnapDish

      2015/03/24

料理写真投稿系SNS比較・最終章!同時投稿先が多くて、公式アカウントも多いSnapDishこんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

料理写真投稿系SNSの紹介も今回で最後です。

第三弾目はSnapDish。

今回、いろいろ探していて初めて知ったサービスですが、AppStoreのフード/ドリンクカテゴリの無料アプリの中で20位だったので結構メジャーなサービスなのだと思います。

PCサイト→SnapDish

スポンサーリンク

料理の写真を投稿してみる。

メールアドレスかFacebook IDでアカウントを作ったら投稿可能になります。

投稿はアプリを開いたページの右上、カメラアイコンを押します。

カメラアイコンを押すとこんな選択肢が出てきます。

SnapDish (1)

とりあえず写真を撮るから始めてみます。

SnapDish (2)

下の真ん中を押すとシャッターが切れるのですが、写真上部のアイコンは左から順に、グリッド表示、画面の上下幅を変える、フラッシュの有無になります。

グリッドを表示して上下幅を変えるとこんな感じ。

SnapDish (3)

写真を撮って「使う」を押します。

ここで1:1に切り取れたりもします。

SnapDish (4)

フィルタの変更が少し変わってして、レア、ミディアム、ウェルダンといった焼き具合で表現されています。

マニュアルの時も火加減で調節。

SnapDish (5)

ぼかしも入れられます。

SnapDish (6)

「完了」を押したら写真につけるコメントなどを記載するのですが、ここで特筆すべきは同時投稿先の多さ!

SnapDish (7)

Facebook、Twitter、mixi、Tumblr、Evernote、Flicer、様々なブログ(WordPress.com、Seesaa、goo、FC2、アメーバ、ヤプログ!、ココログ、livedoor、So-netが対応)、レシピブログ、Foursqare、Emailに投稿可能。

さらにジャンル、レシピの横の「・・・」を押すと、「どこ?」「誰と?」「★評価・価格・kcal」の表示が出てきます。

場所は位置情報を取得して入力が可能、人は家族、SnapDishの友達、Facebookの友達、Twitterの友達、mixiの友達から選択することができます。

右下の鍵マークでは非公開にもできます。

ただし、非公開にした場合は同時投稿もできないので注意です。

他の人の料理写真を見てみよう。

連絡先にあるアドレスから知り合いを探すこともできますが、そうでなくてもタイムラインからや、「見つける」から探すこともできます。

公式アカウントも多く、カゴメやヤマサ醤油などの企業から、みんなのきょうの料理やレシピブログと言った料理・レシピサイトなども公式アカウントとして用意されています。

SnapDish (8)

料理ジャンルやレシピの他、GPS機能をオンにしていれば近くのお店で他の人がとった写真なども見ることができます。

SNS的要素としては、他のサービスと同じようにハートマークをつけたり、コメントをしたり、星をつけたり、リスナップをしたりすることができます。

まとめ

自分のレシピ帳を作ったり、行ったお店の情報を入れることもできるし、他の人のレシピを探すこともできる、非常に便利なサービスだと思います。

まだ今まで紹介した2つのサービス、ミイルやペコリに比べて投稿数が少ない感じがしますが、これから伸びていく可能性は大いにあると思います。

使い方次第でどのようにもできるので、投稿してSNSを楽しむ、他の人のアカウントをフォローしてレシピを検索する、自分だけのレシピ帳or行った店のまとめを作るなどそれぞれの楽しみ方があると思います。

3つとも似ていて非なりという感じがするので、全部に登録して使い分けてもよし、気に入ったサービスを使い込んでもよし、という気がします。

食事は毎日するもの。

楽しくできるなら楽しいほうがいいですよね。

毎日の食事を楽しくするツールとしていかがでしょうか。

関連記事

料理写真投稿系SNS比較・第一弾!日々の記録にも使えるミイル

料理写真投稿系SNS比較・第二弾!レシピブロガーさんや芸能人も多数のペコリ

 - iPhoneアプリ , ,

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事