林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

人気カレンダーアプリStaccal2。設定方法まとめ。

   

人気カレンダーアプリStaccal2。設定方法まとめ。diary-614149_640

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

しばらく愛用していたカレンダーアプリがiOS9になってから調子が悪いのでひとつ前に使用していたStaccal2に戻してみました。

以前に使っていた時は設定もそのままでなんとなく使っていたのですが、入れなおしたついでに設定をいじってみたらもう感激!

こんなにカスタマイズが可能なアプリだなんて知りませんでした^^;

使用している人も多いこのアプリですが、実はこんな設定できるなんて知らなかったという人もいるのでは?と思い、設定でできることを備忘録も兼ねてまとめてみます。

スポンサーリンク

カレンダーの見た目をカスタマイズする。

カレンダーとリマインダーの設定。

まず最初にカレンダーとリマインダーの設定です。

Staccal2はiPhoneの標準カレンダーを通してGoogleカレンダーと同期が可能です。

iPhoneの標準カレンダーをGoogleカレンダーに同期された状態でStaccal2の設定を開き、上のタブで「カレンダー」を選択すると表示させるカレンダーやデフォルトカレンダー、表示させるリマインダーのリストなどを選択することができます。

設定はStaccal2を開いたとき下のタブの一番右側に現れる工具マークで開くことができます。

リマインダー表示のオフは「設定」タブの「リマインダー」から行います。

「設定」の「リマインダー」ではリマインダー表示の有無のほか、完了したリマインダーを表示するかどうか、タブバーに表示するバッジ表示について選択することができます。

また「カレンダー」設定の方で個々のカレンダーやリマインダーのリストを選択するとカレンダーやリストごとに表示の有無、色、表示方法についての選択ができます。

Staccal2 (3)

カレンダーのビューの切り替え設定

次にカレンダーのビューについての設定です。

Staccal2は12種類のビューを使用することができ、下のタブで切り替えが可能です。下の画像はStaccal2では「縦型:7列」という名称の縦スクロールのビューです。

Staccal2 (1)

下のタブのうち一番右側の設定を開くと下のような画面になります。

Staccal2 (2)

カレンダービューはこのうち上から3段目の「カレンダービュー」で設定することができます。基本としては「スタンダード」「週:グリッド」「日:ボックス」「縦型:7列」「縦型:1列」「リマインダービュー」の6種類が設定されていますが、右上の「編集」をタップすることで全12種類のビューを選択することができます。

Staccal2 (4)

さらにそれぞれのビューを押すと、ビューごとにメニューボタン表示や表示するカレンダー、デフォルトカレンダー、イベントの表示方法、長押しやダブルタップなどセルのアクションの割り当てを変えることができます。

Staccal2 (5)

色や書式など

「設定」の「テーマ」ではカレンダーの色の選択や土日祝の文字や背景に色を付けることができます。

カレンダーの色については色相環から細かな選択をすることも可能ですが、土日祝の色については選択できません。文字については土曜は青、日曜は赤になり、背景の色は土日祝ともにグレーになります。

書式については「設定」の「基本設定」で月や曜日の書式を英語に変更することもできます。また同じく「基本設定」ではヘッダーに週番号を表示させたり、誕生日にプレゼントやケーキのアイコンを表示させる、週の始まりの曜日設定や活動の時間帯を設定することができます。

イベントの入力方法やジェスチャーをカスタマイズする。

ジェスチャーのカスタマイズ

Staccal2ではセルをタップやダブルタップ、トリプルタップなどのジェスチャーをした時にどのようなアクションをさせるかをカスタマイズすることができます。

ジェスチャーのカスタマイズは設定の「ジェスチャー」から行います。

Staccal2 (7)

上の画像のようにセルのアクションの他、イベントのアクションやシェイク時のアクションもカスタマイズすることができます。

セルのアクションについては下の11種類のアクションを割り当てることができます。

Staccal2 (8)

シェイクでは「カレンダーの拡大・縮小」以外の10種類のアクションを選択できます。

イベントの長押しでは下の5種類のアクションを選択できます。

Staccal2 (9)

ジェスチャーのアクションについては設定→「カレンダービュー」→それぞれのビューでビューごとにアクションを変更することも可能ですし、全て同じにしたければ「全体設定に従う」にしておけば「ジェスチャー」の方での設定が優先されます。

イベントの入力方法

イベントの入力方法は2種類あります

まず1つ目はカレンダー画面で右上にある+マークをタップして行う方法、2つ目はジェスチャーアクションを指定しておいて入力する方法です。

Staccal2ではよく入力するイベントやリマインダーについてはテンプレートを作っておき簡単に入力することも可能です。

設定→「テンプレート」の右上「編集」を押すと新規テンプレートを作ることができます。

テンプレートでは日付以外のすべての項目を事前に入力することができるので非常に便利です。

テンプレートを使用して入力する場合はテンプレートから入力するジェスチャーアクションを用いるか、新規イベント作成の際にイベント名の右側の三本線をタップして入力します。

Staccal2 (10)

他にも簡単に入力できる機能として簡易入力モードというものがあります。

設定の「イベント入力」を開くと下のような画面になります。

Staccal2 (11)

簡易入力モードをオンにしておくとここで設定した新規イベントのデフォルト設定がイベント入力の際に反映されます。

ウィジェットと通知など

ウェジェットからは今日のイベントとリマインダーの表示、新規イベント及びリマインダーの作成、リマインダーの完了を行うことができます。

設定の「ウィジェット」では表示するカレンダーの選択と期限切れリマインダーの表示の有無、地図を開くアプリの選択が可能です。

地図を開くアプリの選択についてはアプリ内の地図についてはウィジェットとは別に「基本設定」の方でマップやSafari、GoogleMapsを選択することができます。

通知についてはアイコンバッジが「なし」「今日の残イベント数」「今日の残イベント(終日除く)」「今日の日付」から選択できる他、Birthdayアラームを指定の時刻に鳴らすことができます。

まとめ

こうしてまとめていても本当に感心してしまうほどいろんなことができるアプリです。

しかも全て日本語。iPhone初心者からカスタマイズ好きな人まで使えるアプリです。

ただ個人的に残念なのはリマインダー機能について弱いところがあるところ。

カレンダーの方は通知があるんですが、リマインダーは通知がないんですよね。さらにリマインダーの完了はウィジェットかリマインダービューからしかできなくてカレンダービューからはできないんです。

カレンダー見ながらついチェックボックス押しちゃうんでこれはチェックできたほうが便利なのになあといつも思います。

あと、ここでは触れなかったんですが、イベント入力の際にイベント名に日時を入力するとその日時にイベントを作成する機能があります。

便利だと思う人はいるのかもしれないけれど私はやっぱり使いにくい気がするのであえて紹介はしませんでした。

同じようにイベント名に日時を入力するとその日時にイベントを作成するカレンダーアプリにFantastical2があります。

ただFantastical2は音声入力に対応していたり、urlスキームが豊富だからランチャーアプリと合わせてテンプレート的な使い方ができます。

でもStaccal2は音声入力機能もなくurlスキームも少ないので手打ちで使うしかない。それだとちょっとせっかくの機能が宝の持ち腐れのような気がします。

とはいえ私が不便に感じているだけで「めちゃめちゃよく使ってるよ!」という人もいるかもしれませんが。

全体的にはものすごく使いやすいアプリです。さらに値段もお手頃。カレンダーアプリに迷っているのなら間違いはないアプリだと思うのでオススメです。

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事