林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

本好きもそうでない人も。新しい本との出会いを提供するSNS。Stand

   

本好きもそうでない人も。新しい本との出会いを提供するSNS。Standlibrary-488672_640

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

最近はある一つの分野に絞ったSNSというものが増えてきました。今回ご紹介するのは本というカテゴリーに的を絞ったSNSです。

スポンサーリンク

本を探すのもウィッシュリストにも。

紹介するのは下のアプリです。

本のアプリStand

無料
(2015.06.05時点)
posted with ポチレバ

使うためにはTwitter、Facebook、メールのいずれかでアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成後、簡単なチュートリアルがあり、おすすめの中から初めにフォローするユーザーを選択します。

Stand (1)

ユーザーのフォロー/フォロー解除はこの後も自由にできます。

フォローするユーザーの選択、自分のプロフィールの入力が終わると下のような画面になります。

Stand (2)

フォローにフォローしたユーザーが追加したり「いいね」をつけた本がコメントと一緒に表示されます。本棚には自分が追加した本が表示されます。

本棚への追加は右上の「+」からできます。タイトルや著者名検索のほか、バーコードでの追加も可能です。

気になった本があったらタップしてみましょう。

Stand (4)

その本を追加しているユーザーが現れます。ここでユーザーのアイコンをタップするとそのユーザーのプロフィールを見ることができ、フォローすることもできます。

またユーザーのコメントの右側に「いいね」ボタンがついているのでここをタップすると「いいね」をすることができます。コメント付きでの「いいね」も可能です。

次に本をタップしてみます。

Stand (3)

この画面ではこの本を本棚に加えたり、保存したり、GoogleやTwitterで検索したり、書誌をコピーすることができます。保存した本はトップ画面の左上、Sのついたアイコンをタップすると設定に飛ぶのでそこから見ることができます。

まとめと感想

保存機能を使ってウィッシュリストを作ったり、読んだ本を感想付きで本棚に入れるなど自分にあった使い方ができそうなアプリです。

本の画面で通常なら他のSNSに連携して投稿しそうなものをあえて検索だけというのも面白くて良いと思います。本当に本好きが何をしたいか考えたアプリだなという感じがします。

でもSNSとしての機能もちゃんとあってTwitterやFacebookから友だちを探してフォローすることもできます。ちょっとした本好きサークルができそう。

ただやっぱり読んだ本の記録にするのであればエクスポート機能がほしいのと、現在フォローしている人を一覧で見ることができないので一欄は見られるようにして欲しいかも。

これからどんどん広まっていくとAppExtensionに対応したりPC版ができたりとかしていきそうで先が楽しみなアプリです。

本のアプリStand

無料
(2015.06.05時点)
posted with ポチレバ

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事