林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

SugarSyncが5GB無料版を5月で廃止!オンラインストレージ無料アカウントの考察。

      2015/03/24

SugarSyncが5GB無料版を5月で廃止!オンラインストレージ無料アカウントの考察。earth-65050_640

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

昨日、SugarSync運営チームからメールが届きました。

とうとう5月末日を持って5GB無料版を廃止するとのことです。

数あるオンラインストレージでもDropboxやOneDriveに比べてメジャーではないので、知らない人もいるかもしれませんが、SugarSyncはちょっと独特なオンラインストレージです。

ダウンロードするとマイドキュメントなどのPC内のファイルと同期させることができ、勝手にPCのバックアップを取ってくれるという優れもの。

しかもDropbox同様、ダウンロードすることでPC内のフォルダみたいに使えます。そして完全日本語対応。

Dropboxも使いやすいんですが、なんせ無料版だと2GBだけだし、他のアプリやらサービスやらとの連携が多くて容量オーバーする心配があったので、私はPCのバックアップやらブログに使用する画像をiPhoneとPCで共有するときとか、全部SugarSyncを使っていたんです。

でも、とうとうそれがなくなってしまうとは。

最近OneDriveの容量増加キャンペーン等、ひそかに動きのあるオンラインストレージ。この機会にちょとまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

やっぱり安定のDropbox

オンラインストレージといえばDropbox。

連携アプリも多数、ダウンロードすればPC内の仮想フォルダのように使える、写真の自動ダウンロードやPCのスクショを自動で保存してくれる機能など、iPhoneやPCを使うようになればなるだけ必要不可欠になってくるサービスです。

最近ではAppExtensionへの対応やGmailにDropbox内のファイルを添付できる拡張機能、Microsoftとの連携などさらにサービスを拡大してますます手放せないものになっています。

ただしどうしてもネックになってくるのは無料版だと基本的には2GB、友達紹介などで最大16GBという容量制限。

他のオンラインストレージに比べるとやっぱりこれは少ない。

写真などデータ量の多いものを入れておくには有料版の購入が不可欠になってくるでしょう。

個人使用のプロの場合、容量1TBで1200円/月を安いととるか高いととるか。

確かにオンラインストレージをDropboxに絞ってしまって有料版に乗り換えても悪くはないんでしょうが、私にはまだ手が出せません。

これからに注目?OneDrive

最近ではBingやDropboxとの連携で期間限定で100GB増やせるキャンペーンやAPIの公開で他のサービスやツールとの連携を図っていると思われるOneDrive。

ダウンロードすることで簡単にPCのバックアップを取ることができたり、クラウド上のファイルをPC内の仮想ファイルのように扱うこともできます。

さらにもともと無料版でも15GB、カメラロールのボーナスですぐに追加の15GBがもらえるとあってこの容量が嬉しいところ。

他のマイクロソフト社の製品と同じく独特のUIなので好きな人は好きだと思います。

ただマイクロソフト社のOneNoteのデータ置き場がOneDriveになっているので、OneNoteのヘビーユーザーだとこの容量は辛いかも。

個人的に思うのは、最近のマイクロソフトのUIってふだんあまりPCを使わない人にとっては使いにくいんじゃないかということ。

子供の写真とかOneDriveで共有しようとしたり、親がOutlook使おうとしていたりすると必ずと言ってよいほど「使い方がわからないから教えて」と言われる。

職場のPCを新しくしてOutlookやExcelが刷新されたら、あまりPCを使ってないある程度の年齢の人たちからは「使えない」と言われる。

多機能すぎたり、他のサービスと感じが違うのが原因なのかなとは思います。

でもまあそんな訳で個人的には共有には向いてないのかなと思ってしまいます。

ちなみにうちの親の場合だと、Dropboxは問題なく使えましたよ。

でも、最近のマイクロソフトの動きを考えると無視できないサービスになっていきそうですね。

使い慣れると使いやすいGoogleドライブ

オンラインストレージを使い始めた時はあまりGoogleドライブって使っていませんでした。

まず、スプレッドシートとかドキュメントとかスライドとかよくわからないし。

個人で使うのにエクセル的なものっていらないかなー位の感覚です。

慣れてくると今はめちゃめちゃ使ってます。

なぜかというとGoogleのサービスって他との連携が良いじゃないですか。

基本的には自分でファイルを作ることはあまりなくて、IFTTTの連携やGoogleマップのマイマップの保存とか。

あとはちょっと表計算したいものとかをちょこちょこっと作

最近はGoogle APP Scriptなるものの存在を初めて知って勉強中なので、これからはそっちでもお世話になるかもです。

気をつけなくてはいけないのが容量。

Googleの他のサービス、Gmailとか写真とか合わせて無料で15GBなので入れ過ぎるとメールが使えないとかになりそうです。

地味だけどいい仕事してくるBox

有名な割にあまり注目されていない気がするBox。

地味にアップデートを繰り返していて、日本語対応しているし、何かと便利です。

ネットワークマウントすることで、PCの容量を押さえることなく仮想フォルダのように使うこともできます。

無料アカウントで10GB、ファイル管理系アプリとかオンラインストレージを統合するサービスなどにも大抵対応しています。

私は家電の取説をダウンロードしておいておいたり、年賀状をスキャンしておいたり、普段は使わないけれどいざというときにいる物置き場にしています。

その他、AmazonとかCopyとか

実はAmazonもオンラインストレージってあるんですよね。

Amazon cloud driveってやつ。

作っては見たもののあまり使ってませんが。

無料は5GBまで。

何が使いにくいって、iPhoneからは写真しかアクセスできないところ。

写真のみで5GBって。まあPC版だとファイルとかも保存できるんですが。

最後にCopy。比較的新しいサービスです。

折り鶴がアイコンになっているくせに日本語対応していない(笑)

使い方は他とそれほど変わりがないので、オンラインストレージ使うのが初めてじゃなければ英語でもそれほど困りません。

ダウンロードでPC同期とか大して目新しい機能はありませんが、特筆すべきは無料で得られる容量の大きさ。

基本は15GBなんですが、5人まで友達紹介できて、1人に月5GB、最大40GBまで増やせるんです。

以前にBoxが新規アカウントで50GBプレゼントとかやっていましたが、期間限定以外でこれだけ容量を増やせるオンラインストレージってあまりありません。

メインでは使いにくいかもしれませんが、持っていて損はないと思います。

まとめ

こうしてみてみると使いやすさではDropboxの一人勝ちでしょうね。

あまりPCやらiPhoneやらを使わない人はどれも大差ないかもしれませんが、他からの連携などを考えた時に必ずと言ってよいほどネックになってきます。

次はOneDriveなのかな。個人的にはあまり使ってないけれど。

Microsoftのユーザーなら外せないところだとは思います。

その他は好き好き。

共有するなら相手側が何を使っているのかにもよるし、個人で使うには使い勝手もあります。

無料アカウントの容量を考えると写真や動画など重いものは写真専用のクラウドを使用したほうが良いかな、という気がします。

あっという間に容量がいっぱいになってしまいますから。

セキュリティ面だと、絶対大丈夫はないにしろ、Dropbox、OneDrive、GoogleDriveは二段階認証に対応しているから一応対策しているってことになるんでしょう。ただし、大きいサービスほど狙われやすい傾向がある気がするので、安心というわけではないでしょうが。

オンラインストレージって使いはじめるとめちゃくちゃ便利です。

それぞれの特徴を知ってうまく使ってみてください。

関連記事

決定版!無料で写真データをweb上に保管する方法

無料範囲で使い倒せ!オンラインストレージ徹底比較!(データ編)

OneNoteでレシピ帳やスクラップブックが簡単に作れる!

 - webサービス

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事