林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

タスクシュートとGTD。Thingsをたすくまと連携させて使う私の使い方。

   

タスクシュートとGTD。Thingsをたすくまと連携させて使う私の使い方。-shared-img-thumb-N934_akusyusuruhutaribiz_TP_V

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

たすくまを使い始めて2週間以上が経過しました。

ログの分析方法などはまだ定まっていない感じはありますが、使い方には慣れてきましたし、ログを取るのもあまり苦にならなくなってきました。

でも一方でたすくまのみでタスク管理をする難しさのようなものも感じています。

そのため実験的にGTDと組み合わせて使ってみることにしました。

タスクシュートとGTD

たすくまの使い方や今回使っているThingsというアプリの使い方は下の過去記事で紹介しています。

<たすくま関連記事>

たすくまを使い始めて6日経ちました。基本的な使い方としておいたほうが良いと思う初期設定。

たすくまをもっと使いこなそう。たすくまからアプリを起動する方法やタスクに写真を添付する方法。

たすくまのログを分析しよう。タグとプロジェクトを考えてみる。

<Things関連記事>

今年こそ目標達成!タスク管理アプリThingsで始める初めてのGTD。

Thingsで始めるGTD。Thingsにタスク入力をする方法。

2週間使ってみてタスクシュートという方法は一日という限られた時間の箱の中に入れる行動をどう調節するか、毎日のリピートタスクという現実と向き合いながら折り合いを付ける方法だと実感しています。

つまりやりたいこと、やらなければならないことはたすくまに自動で記入されているリピートタスクの合間に割り込ませる、もしくはリピートタスクを先送りにして入れていかなければならない。

まぁ普段の生活の中でも人はそういうことを無意識のうちにやっているわけで、言葉にするとちょっと強いけれど、要はたすくまにタスクを追加するときにはしっかり予定日時(時間入れなくても入力できるけれど)を決めなくてはならないわけです。

ちなみにたすくまで未来の予定を作る方法は、今日のタスク一覧もしくは明日、未来のタブで一番右上にある+マークを押して、タスク作成の画面で見積もり時間やプロジェクトの横辺りにあるカレンダーアイコンをタップすると日付指定ができるようになります。

taskuma4 (2)

ここで未来の日付を指定してタスクを作成すると「未来」のタブの中にタスクが追加されます。

このようにしてやらなければならないタスクを事前に入力しておくことは可能なのです。そしてもちろんたすくまだけで予定管理できる人はいるのだろうと思いますが、私にはどうしても無理でした。

そこでThingsと連携させることにしました。

以前にThingsのみを使っていた時はThingsの中身がリピートタスクだらけになってしまい、その他のやりたいこと・やらなければならないことが埋もれてしまっていました。

【雑記】GTDを実践して1ヶ月半。家事をタスク化することの難しさと改善法を考える。

なので今回はリピートタスクはたすくまに全ておまかせすることにして、それ以外のタスク管理をThingsで行うことにしたのです。

実際の使い方

実際の方法としてはとりあえずやりたいこと、やらなければならないことをThingsに記入します。

この時に気をつけるのが期日を必ず決めるということです。

Thingsで新規To-Doを作成する際、期日の部分をタップするとカレンダーが現れます。

taskuma4 (3)

ここで期日を設定するのですが、重要なのが一番下の「今日に表示する」です。

この「今日に表示する」では期日の何日前から「今日」に表示するか選択ができるのです。

taskuma4 (4)

日数は未定から14日前まで選べます。

ここで設定した日にちに「今日の計画」として表示されるので実際に開始するときにはチェックボックスにチェックを入れ、「今日開始」を押せば良いし、「後で」を選んで後回しにすることもできます。

taskuma4 (5)

次に今日開始するものをたすくまに送ります。

今日開始にしたものをタップすると下のような画面になります。

taskuma4 (6)

ここで「共有」を選択することで共有ができるのですが、この中でWorkflowが使えます。

(今セール中ですね。普段は600円です。)

 

たすくまにはurlスキームがあるのでurlスキームを使ってレシピを作ります。

レシピはこちら→ https://workflow.is/workflows/c7ad84c28b424fb5b578ead57fcdb898

プロジェクトのところは自分が使っているプロジェクト名に変更して使ってください。

ただしこのレシピではたすくまの「今日」のところに追加されるだけです。

もし未来の日にちにしたい等があるようであればたすくまから編集が必要です。

さらにThingsの中のタスクは消えないので、そちらもThingsの方から削除するか完了する必要があります。

あとはたすくまにThings確認のタスクをurlスキーム入りで入れておけば毎日忘れず確認することができます。

まとめ

面倒といえば面倒ですが、今のところ、この方法でスムーズにいっています。

もちろん絶対に明日やらなければならないこととかは直接たすくまに入力したりもしています。

そのへんは使いやすいように臨機応変にでいいかなと。

Thingsもたすくまも単独でも十分便利なアプリですが、全てを一つでやろうとするとどうしても無理が出てくるし。

同じような方法はWorkflowが使えるアプリであれば他のアプリでも可能です。

自分に一番あったツールを使ってやりやすいやり方を見つけるとたすくまはもっと使いやすくなると思います。

 - iPhoneアプリ ,

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事