林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。いつもどうしたら毎日を効率良く過ごせるか考えてます。

Tweetbot4が発売!初めての人にもわかる多機能TwitterクライアントアプリTweetbotの使い方。

   

Tweetbot4が発売!初めての人にもわかる多機能TwitterクライアントアプリTweetbotの使い方。blue-bird-113132_640

こんにちは、sakurako(@0518sakurako)です。

先日、Tweetbot4が発売されました。発売記念で50%オフになっていたのでさっそく購入してみました。

でも50%オフで600円だから普段は1200円って・・・高い。

様々なブログなどでTweetbot4の新機能紹介記事を見るので、あえてTweetbot自体使ったことがないという人にもわかるように以前からある機能も含めて紹介したいと思います。

Tweetbot 4 for Twitter

600円
(2015.10.06時点)
posted with ポチレバ

広告無し、快適なタイムライン。

私が公式アプリを使っていない理由の一番は広告などが多いこと。

昔はそんなになかった気がするんですが、最近増えましたよね。。。広告だけじゃなくて「前回アクセスから今までのツイート」みたいなのとか。

とにかくそういうのが一切ないのが何より使いやすい。

Tweetbot4 (5)

上の画像はタイムラインのもの。Tweetbotでは右上に未読ツイート数が表示されます。

未読ツイートがある場合には下の吹き出しアイコンの下に青い点が出ています。この吹き出しアイコンを複数回タップすると最新のツイートまで自動スクロールされます。

下のアイコンは左から順にタイムライン、メンション、DM、Stats(自分のツイート解析みたいなの。後で詳細を紹介します。)、検索になっており、右2つは長押しで自分のアカウント表示、お気に入りにしたツイート、リスト、ミュートフィルターに切り替え可能です。

Tweetbot4 (7)

さらにTweetbotは複数アカウントに対応しており、左上の自分のアイコンをタップすることでアカウントを切り替えられます。またリスト名を長押しすることでリスト一覧を表示させることができます。

Tweetbot4 (6)

新規ツイートは右上のアイコンから行います。

スワイプでファボやリツイートが可能。

Tweetbotの魅力はなんといってもスワイプ操作。

ツイートを右にスワイプすることでファボ(お気に入り)やリツイートが可能です。

ショートスワイプにファボとリツイートのどちらを当てるかを設定から選択することができます。ちなみに設定は画面左上のアイコンをタップした時に現れる歯車マークから行います。

また、左へのスワイプで出てくる「・・・」をタップするとそのツイートの詳細を見ることができます。

そのツイートのファボ数やリツイート数を見たりここからリツイートや返信などを行うことも可能です。

ツイートに対するアクションはツイートをタップすることでも可能です。

ツイートをタップするとそのツイートの下に下の画像のようなバーが現れるので、返信やリツイート、ファボ、AppExtension、ツイートの詳細を見るなどのアクションをすることができます。ちなみに長押しをするとAppExtensionが現れます。

Tweetbot4 (10)

公式アプリだとツイートの下に最初からアクションのアイコンが出ているので、初めての人はこの辺りにも戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとものすごく便利です。

新しく追加されたツイート解析機能。

Tweetbot4の目玉の一つでもあるのがStatsと呼ばれる画面ではないでしょうか。

自分のツイートにどれだけお気に入りがついたか、リツイートされたかなどがグラフ化されてわかります。

Tweetbot4 (1)

 

上部のタブでStatsからActivityに切り替えると増えたフォロワーやファボ&リツイートした人を時系列で確認することができます。

今回のアップデートで追加された機能は他にもユニバーサル化やiPhone6+やiPadでのカラム表示、マルチタスキングビューに対応などがあるのですが、私はiPhone5cなので残念ながらそれらの機能はあまり役に立たず^^;

あとはまだ使ったことはないのですが、通知バーから返信ができるクイックリプライもできるようになったとのこと。便利そうです。

地味に便利な検索&ミュート機能

Tweetbotで便利なのが検索とツイートを非表示にするミュート機能。

まずは検索ですが、検索は下のアイコンから虫眼鏡マークを選んで行います。

下のバーに虫眼鏡アイコンが現れていない!という人は右から2つのアイコンを長押しすると出てきます。

Tweetbot4 (8)

検索は一番上の「Search Twitter」と書かれたバーに検索したい語を入力して行います。

語句を入力すると「Tweets with ”検索語”」と「User with ”検索語”」の表示が出るのでどちらかを選択することができます。そのままキーボードの「検索」を押すとツイートを検索してくれます。

検索した語句は検索後の右上に「Save」の文字が出ているのでこれを押すと検索語を保存することができます。

保存された検索語は「SAVED SEARCHS」のところに出てくるので次からは検索語を入力することなく検索することができます。

保存した検索後は右上の「Edit」を押すと削除することができます。

さらに下の段には最近話題になっている語句やハッシュタグなどを見ることができるTrendや人を探すPeopleなどのがあります。

Trendの方は押すと下のような画面になります。

Tweetbot4 (4)

このTrendは地域別の表示が可能で、右上の歯車アイコンから国や地域を選択することができます。

またPeopleは下の画像のように15のカテゴリー別にアカウントを検索することができ、フォローしたい人を探したい時などにとても便利です。

Tweetbot4 (9)

次にミュート機能ですが、ミュート機能は吹き出しに☓がついたアイコンをタップします。

Tweetbot4 (3)

すると上のようなミュートフィルターが現れるのでユーザー、キーワード、ハッシュタグ、クライアント(Bufferやiftttなど経由したアプリを特定してミュートする)からミュートすることができます。

ミュートもキーワードやハッシュタグはミュートの範囲をメンション、検索、リストからと選択することもできます。

公式アプリにもミュートの機能は付いているのですが、アカウント単位でこんなに細かく設定できません。

まとめ

Twitterクライアントに1200円は高いなあと思うのですが、やっぱり便利なので手放せません。

購入するならセール期間に買うのがオススメです。

あと結構多くのサイトでも書かれているのですが、Tweetbotは大幅アップデートのたびに新アプリになるので結構費用がかさむ・・・

また今回リリースされたTweebot4は現時点では日本語対応していません。

個人的にはあまり気になっていませんが、「英語のアプリはちょっと・・・」という人は避けたほうが無難かも。過去のTweetbotは日本語対応していたので今後、日本語対応する可能性は高いと思いますが。

気になった方はセール期間がいつまでかわからないのでお早めに。

Tweetbot 4 for Twitter

600円
(2015.10.07時点)
posted with ポチレバ

 - iPhoneアプリ

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事