林檎の木の下で

iPhoneアプリやwebサービスの紹介など。ノンプログラマー、ただの主婦が奮闘してます。

自動化アプリWorkflow。Galleryを使ってワークフローを作ってみる方法。

      2015/03/24

自動化アプリWorkflow。Galleryを使ってワークフローを作ってみる方法。最近、ランチャー系のアプリにハマっているsakurako(@0518sakurako)です。

前回のエントリーでWorkflowというアプリの概要を紹介しました。

あいかわらずこのアプリで遊んでいるのですが、なにしろワークフローを作るのが難しい!

未だに概念がよく理解できてない・・・(-_-;)

そこで、今回は他の人が作ったワークフローをちょこっといじって改造するやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

Galleryから探してみよう。

WorkflowはMyWorkflowsという自分でワークフローを自作するスペースと他の人が作ったワークフローから探すGalleryというスペースから成っています。

iftttでいうBrowseみたいなものです。

まずは上のバーからGalleryを開いてみてみましょう。

Workflow2(1)

おすすめのワークフローが並んでいます。

上のバーは今はSHARINGになっていますが、左右にスライドさせることができ、共有関係(SHARING)、クリップボード関連(CLIPBOARD)、AppExtensionに載せたいもの(GREART ACTION EXTENSIONS)の3つのカテゴリーを選ぶことができます。

一つ選んでみましょう。

Walk to Coffee Shopというワークフローを選んでみます。

Workflow2 (5)

Walk to Coffee Shopの下にGET WORHFLOWというボタンがあるのでここを押すとこのワークフローがMy Workflowsに追加されます。

Workflow2 (2)

ただ、このままではCoffee Shopしか調べられません。

少し改造してみようと思います。

もとのワークフローは近隣のコーヒーショップを調べて一度ストリートビューで確認した後、標準地図アプリで歩いて行く方法を教えてくれるものです。

これをクリップボード住所を調べてGoogle Mapsで公共の交通機関で行く方法を調べるというワークフローに変えてみたいと思います。

My Workflowsにあるワークフローをタップすると中身を編集することができます。

こんな感じに変えてみました。

Workflow2 (4)

一番上のSearch Local BusinessesのSearchの中身をCoffee ShopからClipboardに変えています。

ここは他に固有名称や開くたびに入力するAsk When Runに変えることができます。

次に一番下のGet DirectionsのMaps Appを標準アプリの地図からGoogle Maps変え、ModeをTransitに変えました。

Modeは車、徒歩、自転車、公共の交通機関、開く度に選択、場所を表示から選べます。

次にこの画像にはありませんが、右上の歯車マークを押してワークフローの名前やアイコンを変えます。

Workflow2 (3)

名前やアイコン、色はおこのみで。

必要であればAction Extensionを選択して、AppExtensionに追加することもできます。

最後にDoneをSettingの画面とワークフローを作る画面の2箇所で押して完了です。

いろいろとワークフローを作ってみる。

同じような方法で色々なワークフローを作ってみます。

近隣の施設を探すワークフロー

GalleryにあるFindというワークフローを改造してみます。

Workflow2 (8)

一番上のListの中身を変えて、Maps Appを標準の地図アプリからGoogle Mapsに変えています。

Workflow2 (6)

短縮urlを作ってツイートする

Galleryにクリップボードにurlがある場合、短縮urlを作るというワークフローがあります。

Workflow2(9)

これを使って短縮urlをツイートするというワークフローを作ってみます。

Workflow2(7)

元のShorten urlにGet Clipboard→GetText from Input→Tweetの三行を追加します。

すると短縮urlが本文に入ったツイートができあがります。

自分にあったいろいろなワークフローを作ってみよう。

いかがでしたか?

このように既存のGalleryを改造することで、自分にあったワークフローの作成が簡単にできます。

これを元にワークフローを作っていくと少しずつ作り方がわかってきそうです。

要らないところはワークフローの中身で、右の☓を押すと削除できますし、Actionsからの追加も可能です。

作ったら上の三角を押して一度うまく動くか確認してみてください。

思ったように動いた時の感動は病みつきになりますよ。

とっつきにくいアプリですが、ハマるとやめられなくなるのでこの感動を味わってみてください。

 - iPhoneアプリ ,

   

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事